岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

「新築物件を購入する際の諸費用の内訳が知りたい」
「諸費用を節約する方法はあるのかな」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新築物件を購入する際の諸費用の内訳、また諸費用を節約する方法について解説します。
新築物件の諸費用について知りたい方は、ぜひご覧ください。

 

□新築物件を購入する際の諸費用の内訳について紹介します!

ここでは、新築物件を購入するステップごとに諸費用の内訳を紹介します。

1つ目のステップは、新築物件の購入が決定したときです。
この段階でかかる諸費用には、手付金があります。
手付金は買主が売主に支払う費用で、売買契約を結ぶ際に必要となります。
その相場は物件価格の約5パーセントから10パーセントです。

この手付金は、売買契約後に物件費用に充てられます。
もし買主の都合で売買契約を取り消した場合は、この手付金が戻ってこないため気をつけてください。

2つ目のステップは、引き渡しの段階までです。
この段階までにかかる諸費用には、印紙税や登録免許税、火災保険や地震保険、住宅ローンの諸費用などがあります。
いくつか以下で詳しく解説します。

 

*印紙税

新築物件に関する売買契約書は、課税の対象となる文書です。
そのため、その文書に印紙を貼って提出する必要があります。
印紙税は、このときの印紙を購入して提出することで税金を支払います。
この印紙はおよそ1万から2万円が相場で、郵便局で購入できます。

 

*登録免許税

新築物件を購入するときは登記費用として、登録免許税が発生します。
登記とは、不動産の所有権を保存あるいは移転することを指します。
登録免許税は、固定資産税評価額に税率をかけることで求まります。

また、この登記の手続きは専門的な知識がないと行えないため、司法書士に依頼します。
そのため、登録免許税とは別に司法書士への報酬金が必要となります。
ここまで、引き渡しまでにかかる諸費用について紹介しました。

3つ目のステップは、引き渡し後の段階です。
この段階でかかる諸費用には、不動産取得税、リフォーム代、家具や家電の購入費、引っ越し費用などがあります。

4つ目のステップは、入居後の段階です。
この段階でかかる諸費用には、固定資産税や都市計画税、メンテナンス費などがあります。

 

□諸費用を節約する方法について紹介します!

1つ目は、ローン保証料を見直すことです。
ローン保証料は、住宅ローンの支払いができなくなったときに肩代わりしてくれる保証会社へ支払う保証料です。
フラット35などのローン保証が必要ない住宅ローンを利用したり、頭金を多く入れ借入金を減らしたりするなどの節約方法があります。

2つ目は、団信へ加入するとともに生命保険を見直すことです。
団信は、住宅ローンを契約していた人が契約中に死亡したり、高度な障害状態になったりした際に残りのローンが保険金で支払われる保険です。
フラット35などの一部のローンを以外は保険料が無料です。

諸費用自体を節約できるわけではありませんが生命保険料を抑えられるため、団信への加入と生命保険の見直しはぜひ検討してみてください。

3つ目は、火災保険の補償内容を見直すことです。
住宅ローンを組むためには火災保険へ必ず加入しなければなりませんが、保険会社や補償内容を見直せば節約できます。
必要な補償を選び、最低限の補償だけに絞ると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、新築物件を購入する際の諸費用の内訳、また諸費用を節約する方法について紹介しました。
新築物件の購入をご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事が諸費用について考える際の参考になれば幸いです。

投稿日:2021/12/13投稿者:-

「建売住宅って何だろう」
「建売住宅を購入するときに注意することってあるのかな」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、建売住宅とは何か、また建売住宅を購入するときの注意点について詳しく解説します。
新築物件の購入をお考えの方はぜひご覧ください。

 

□建売住宅とは何かについて解説します!

建売住宅は、すでに住宅の建築が完了しており、土地と建物を合わせて購入できます。
ほとんどの場合、購入者が決定する前に建築が始まるため、購入者が要望したデザインや間取りはほとんど反映されません。
また、1つ1つ個別に売り出されるという特徴もあります。

では、注文住宅と建売住宅の違いはどこにあるのでしょう。
その1つは、購入を検討するタイミングにあります。
注文住宅は注文を受けてから建設が開始されます。
それに対して、建売住宅は建物が建築されている途中、もしくは建築が終わった状態を見て購入を検討できます。

 

*分譲住宅との違いについて

戸建住宅で土地と建物を合わせて購入できることや建築が終わってから販売されるという点では、建売住宅と分譲住宅は共通しているでしょう。
しかし、分譲地に建てられるか、そうでないかという点で両者は異なります。
分譲住宅は、似たようなデザインの住宅が並んで建てられ、それらの住宅が一度に販売されます。

デザインや建材が同じである建物がまとめて建てられるため、低コストで建築されます。
そのため、比較的安い価格で販売されます。
分譲住宅は、低コストで新築物件を購入したい方におすすめの住宅であると言えるでしょう。

 

*建売住宅を購入すると良い人とは?

ここまで紹介した建売住宅の特徴を踏まえて、以下のような人は建売住宅の購入を検討するべきでしょう。

・土地を所有していない人
・あまり時間をかけずに購入したい人
・できるだけ早く入居したい人

建売住宅は、土地と建物をいっしょに購入できるため、土地を持っていない方におすすめです。
また、土地と建物の住宅ローンの審査をいっしょに受けたい方にも向いているでしょう。

 

□建売住宅を購入するときの注意点について解説します!

ここまで、建売住宅とは何かについて詳しく解説しました。
ここからは、建売住宅を購入するときの注意点をいくつか紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

1つ目は、アフターサポートがあるかどうかを確認することです。
住み始めてから住宅に欠陥が見つかった場合、すぐに修繕してもらえないと困りますよね。
そのため、アフターサポートサービスがついているかをチェックしましょう。
また、無償でどこまで対応してくれるのかも確認してください。

2つ目は、見学時に設備を細かくチェックすることです。
建売住宅の内覧時には、住宅に使用されている設備や資材を目で見て確認しましょう。
特に窓やドアなどは頻繁に使用するところなので、しっかりチェックしておくと良いでしょう。

3つ目は、住宅性能表示や証明書があるかどうかを知っておくことです。
長期優良住宅やZEH住宅などは、一定の性能基準をクリアした優良な住宅です。
これらの住宅であれば、安心して購入できるでしょう。
また、性能表示がなくても、建築確認済証・検査済証・地盤調査の報告書があれば、信頼できる住宅である可能性が高いです。

逆に、これらの証明書がない場合は注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、建売住宅の特徴、また建売住宅を購入するときの注意点について紹介しました。
新築物件の購入をご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事が新築物件を購入される際の参考になれば幸いです。

投稿日:2021/12/09投稿者:-

「家を買うなら新築の家を購入したい」
このようなお考えをお持ちの方は少なくありません。
ただ、新築の家を購入する際にはいくつか気を付けておきたいことが存在します。
そこで今回は、新築の家の購入を検討中の方に向けて注意点をご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□新築戸建てを購入するときの注意点

冒頭でご紹介した通り新築戸建てを購入する時の注意点はいくつかあります。
1つ目は、住宅ローンの注意点です。

住宅ローンとは家などの大きな金額の不動産を購入する際に受けられる融資のことを指します。
住宅ローンを活用することで、購入する住宅を担保として融資を受けられるため自己資金が不足していても不動産を購入できます。

不動産を購入してから、このローンを月々返済していくことになります。
しかし、住宅ローンには借りた金額や支払いにかかる年数に応じて金利がかかってくるため注意が必要です。

このローンの金利には固定金利と変動金利の2種類があります。
固定金利はずっと一定の金利であるため、計画が立てやすいのがメリットです。

変動金利はその名の通り、時期によって金利が変動するタイプになります。
現在は低金利であるため、恩恵を受けられる可能性が高いですが、将来金利が上がると返済額も増えてしまう恐れがあります。
どちらにもメリットデメリットがあるため、よく検討しておきましょう。

2つ目は土地選びの注意点です。
家を購入する際は、建物も重要ですが建物が建っている土地も同じくらい重要です。
ご自身の求める生活環境は何なのかをよく考え、希望する条件をはっきりとさせておきましょう。

具体例を挙げると、「駅から徒歩10分圏内の地域が良い」「閑静な住宅地が良い」といったようなものです。
建物に注意がいきすぎて土地選びをおろそかにしてしまうと、後悔するような問題となってしまうため注意が必要です。

3つ目は家を買う直前の注意点です。
家を購入する前は必ず家の状態を入念に確かめておきましょう。

特に中古住宅を購入される場合に重要になってきますが、新築住宅でも同じことが言えます。
実際に住み始めてから不自由が無いかといった観点から様々な箇所をチェックし、気になったところは担当者に質問されることをおすすめします。

以上が新築戸建てを購入される際の注意点になります。

 

□新築戸建てを購入する手順

先ほどは新築戸建てを購入する際の注意点についてご紹介しました。
ここからは、新築戸建てを実際に購入する際の手順についてご紹介します。

住宅を購入すると決めて初めにやることは、情報収集です。
ポストに入っているチラシを見たり、インターネットで検索したりしてどのような物件が良いのかというイメージを膨らませてみましょう。
どうすれば良いのか分からないという場合は、当社のような不動産会社にご相談いただくのもおすすめです。

ある程度イメージが固まれば次にやることは物件の見学です。
気になる物件があれば実際に物件に向かいましょう。
売り出されている不動産であれば、不動産会社に連絡をすることで中を見学できます。

色々なところを見学し、購入したい物件が決まれば購入の申し込みを行いましょう。
この際、住宅ローンの仮審査の申し込みも同時に進めておくことをおすすめします。

これらが終われば、重要事項の説明を受け、売買契約を結んでいきます。
契約を結ぶとキャンセルが難しくなってきますので、内容は隅々まで確認しておきましょう。

また、この時に住宅ローンの本申し込みを行います。
仮審査よりも入念な審査が行われ、住宅ローンが受けられるのかが決まります。

最後に家の中の最終チェックを行い、代金の支払いが完了すれば物件の引き渡しとなります。

 

□まとめ

今回は、新築の家の購入を検討中の方に向けて注意点と購入の手順をご紹介しました。
本記事が新築の家を購入される方の参考になれば幸いです。
当社では、お客様に合った新築物件をご紹介させていただきます。
新築物件をお探しの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/12/07投稿者:-

「家を買う際、何に気を付ければ良いのか分からない」
このようなお悩みをお持ちの方は少なくありません。
家は人生の中でも非常に大きな買い物であるため、色々なことをチェックしておく必要があります。
そこで今回は、家を買う際のチェックポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□家を買うためのチェックポイント

家を買う際は建物の間取りや外観は必ずチェックされると思います。
ただ、住み心地を決めるのは建物だけではありません。
実際に住み始めてから重要になる、周辺環境のチェックポイントについてご紹介します。

 

*周辺環境は変えられない

間取りや外観は費用さえかければ後で変更することが可能です。
しかしながら、周辺環境は引っ越さない限り後で変更できません。
そのため、慎重に考えておく必要があります。

見学する際は曜日や時間帯を変えて何度か見に行くことをおすすめします。
理由としては昼や夜、平日や休日で周囲の雰囲気が大きく変化する地域があるからです。
その際、周辺の交通状態も把握しておくと住んでから後悔することも少なくなるでしょう。

 

*周辺環境のチェックポイント

周辺環境のチェックポイントの1つ目に挙げられるのは利便性です。
コンビニやスーパーマーケットなどの買い物場所、病院や役所、郵便局などの公共施設が近くにあるかチェックしておきましょう。

2つ目のポイントは交通状態です。
バス停や最寄り駅は近くにあるか、始発終電の時間は何時か、通学通勤にどの程度時間がかかるのかといったことは必ず事前にチェックしておきましょう。
また、家の前の道路が渋滞することがあるのかといったことも調べておくと良いでしょう。

3つ目は地域の状態です。
周辺に工場や高い建物が建設される予定があるのか事前に確かめておくことをおすすめします。
工場が建つと騒音に日中悩まされる可能性がありますし、高い建物が建つと日当たりが悪くなってしまう恐れがあります。

加えて、周辺の治安状況もチェックしておきましょう。
周りを実際に歩いてみて不安を感じないか、犯罪発生状況はどのようなものなのかを調べてみましょう。

以上が家を買う際に必ずチェックしておきたいことになります。

 

□家を買う前に考えておきたいこと

先ほどは周辺環境のチェックポイントについてご紹介しました。
ここからは、それ以外の要素について考えておきたいことをご紹介します。

1つ目は優先順位です。
先ほどご紹介したように、立地や周辺環境は後で変えられないため優先順位は高くなるでしょう。
しかし、どのような間取りが良いか、駐車場が必要なのかといったような条件は人によって異なると思います。
そういった条件にも優先順位を自分の中で決めておくことで、家を決める際に迷うことが少なくなります。

2つ目は予算です。
家にどのくらいお金を使えるかをしっかりと把握していなければ、優先順位も決めにくくなってしまいます。
現実的な話を進めて行くためにも、予算を決めておくことはかなり重要になります。

一般的な予算の決め方としては年収から考える方法があります。
年収から住宅ローンをどれだけ借りられるのかを調べて、無理なく毎月返済できる額を考えて、購入価格を決定していきます。
新居で生活をスタートすると色々なことに費用がかかるため、無理のない計画を立てておくことが大切です。

以上が家を買う前に考えておきたいことになります。

 

□まとめ

今回は家を買う際のチェックポイントを詳しくご紹介しました。
家を買う際は、間取りや設備だけでなく家の周りの環境もチェックしておくことが大切です。
当社ではお客様が後悔されないように、不動産の購入をしっかりとサポートいたします。
ご質問やお悩み等ございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/12/03投稿者:-

家を購入する際は実現したいことがたくさん頭の中に浮かんできますよね。
しかし、予算の範囲内におさめるためには、優先順位を決めておくことが重要になります。
そこで今回は、家を買う際の優先順位の決め方について解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□家を買う際に考えておきたいこと

家を買う際には考えておきたいことがいくつかあります。

1つ目は、優先順位を決めておくことです。
冒頭でご紹介した通り、マイホームについて考えていると、あれもこれも実現したくなってしまいます。
ただ、予算に限りある中で、全ての条件や希望を実現することは困難です。
そのため、家族の中でよく話し合い優先順位を決めておくことが重要になってきます。

「キッチンを広くしたい」「ワークスペースがほしい」「利便性の良いところに住みたい」といったようにそれぞれ違った意見が出てくると思います。
この時優先順位を決める際は、後で変更できるかどうかを基準に考えることをおすすめします。

具体的には、間取りや設備は工事をすることで後から変更が可能ですが、立地や周辺環境は引っ越ししない限り変更はできません。
それゆえに、立地や周辺環境を優先して家族で話し合いを進めていきましょう。

2つ目は予算です。
現実的な話を考えていくためには、大まかな予算を決めていくことが重要になります。
住宅購入に使える費用は自己資産と住宅ローンの合計で決まります。
住宅ローンについては、借りられる限度額ではなく無理なく返済できる可能な金額から計算しましょう。

3つ目はライフプランです。
家について考える際、外観や間取りなどのことを考えがちです。
しかしながら、優先順位を決める際は家族の将来のことについて考えておくことが重要です。
子どもが成長してからも住み続けられるか、自分自身が歳をとっても快適に暮らせるかといったことはよく検討しておくことをおすすめします。

以上が家を買う際に考えておきたいことになります。

 

□優先順位の決め方

先ほどは、家を買う際に考えておきたいことをご紹介しました。
ここからは、優先順位の決め方についてもう少し詳しくご紹介します。

まず、決め方のポイントとして挙げられるのは自分の譲れないポイントを明確にしておくことです。
予算を絶対に守らなければいけない場合は、どの程度のお金が使えるのかをしっかりと把握しておく必要があります。
また、最寄り駅との利便性が気になる場合は駅から徒歩何分以内であれば許容できるのかを話し合っておく必要があります。

この他にも、何十年も安心して住める家や、親と共に住める家といいたように各家庭によってそれぞれ大切にしているポイントは異なります。
この譲れないポイントをしっかりと把握しておくことで、より後悔のない優先順位が定められるでしょう。

次は20年から30年先を想定して考えるということです。
優先順位を決める際に留意しておきたいことは、「家は何十年も住むところである」ということです。

例えば、子どもが3人いるから3つ部屋が必要だと考えていても、子どもが大きくなって独立してしまえば子ども部屋は空き部屋になってしまいます。
その空き部屋をその後どう使うのかといった用途もしっかり考えて間取りを考えておけば、家のスペースを無駄にすることはありません。

また、長く住んでいれば内装や外装、中の設備などを修繕したりメンテナンスしたりする必要があります。
これにも費用がかかってくるため、購入時に頭に入れておきましょう。
こういったことまで想定できていると、費用の面で後悔する可能性が低くなります。

以上が優先順位の決め方になります。

 

□まとめ

今回は、家を買う際の優先順位の決め方について解説しました。
家を買う際は先々のことも考えて優先順位を決めておくことが重要になります。
当社ではお客様の状況に合わせて、最適な物件をご紹介させていただきます。
お悩みの際はぜひ一度当社にご相談ください。

投稿日:2021/11/29投稿者:-