岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

「頭金ってなんだろう」
「頭金ゼロでも新築一戸建てを建てられるのかな」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、頭金とは何か、また頭金がゼロでも新築一戸建てを購入できるのかについて詳しく解説します。
新築一戸建てをお考えの方は、ぜひご覧ください。

 

□頭金と手付金の違いは?頭金について解説します!

そもそも頭金とは一体何なのでしょうか。
頭金とは、自己資金のことです。

住宅を購入する場合、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。
しかしながら、住宅ローンだけで購入することはあまりありません。
たいていの場合、購入代金の一部は自己資金です。
この自己資金が頭金と呼ばれているものです。

頭金は現金で支払います。
また、税金や手数料などの諸費用も頭金と同様、現金で支払うのが一般的です。

 

*手付金との違いについて

手付金は、売買契約の際に支払う購入代金の一部です。
売買契約後に買主が契約をキャンセルした場合、買主はこの手付金を手放さなければなりません。
そのため、手付金は契約を確かなものにする役割を担っているのです。

売買契約時は住宅ローンを利用できないため、現金で支払う必要があります。
そのため、手付金は頭金の一部であると言えます。
頭金と手付金はこのような関係にあることを覚えておきましょう。

 

□頭金がゼロでも購入できるのかについて解説します!

頭金ゼロで住宅ローンを利用することは、かつてはできませんでした。
しかし、現在では頭金がなくても住宅を購入できます。
ただ、頭金をゼロにすると、その分月々の支払額が増えてしまいます。

また、それだけでなく他にも注意する点があります。
以下では頭金ゼロで住宅を購入する際の注意点を紹介します。

1つ目は、借入金が増えて利息の負担が大きくなることです。
利息は、借りるお金が多ければ多いほど高くなります。
たとえば、5000万円の住宅を購入する場合、10パーセントの頭金を用意すれば4500万円で購入できます。
頭金ゼロの場合と比べると、500万円分の利息の負担が少なくなるのです。

2つ目は、現金が必要になるかもしれないことです。
先ほど紹介した手付金は、現金で支払う必要がありましたよね。
また、住宅の購入には、さまざまな諸費用が付随します。
仲介手数料や住宅ローン手数料、登記費用、保険料などはすべて諸費用です。

住宅ローンは、あくまで不動産そのものを購入するためのローンです。
そのため、諸費用は住宅ローンに含められません。
これらの諸費用は、現金での一括払いが基本です。
したがって、手持ちに現金がないままでは住宅を購入できないかもしれません。

ちなみにですが、諸費用ローンというものがあります。
これは諸費用を支払うためのローンです。
諸費用ローンは、住宅ローンとは全く別のローンです。
これら2つのローンを2重で支払うと、借りたときの金利はさらに高くなります。

ここまで頭金ゼロで購入するときの注意点を紹介しました。
諸費用は現金で支払わなければならないため、ある程度の預貯金をしておきましょう。

ちなみに新築一戸建ての場合、諸費用は住宅価格の6?9パーセントがおおよその目安となっています。
つまり、5000万円の新築一戸建てを購入すると仮定すると、諸費用は300万?450万円ほどとなります。
この数値を参考にして、頭金をどうするのか考えてみてください。

 

□まとめ

今回は、頭金とは何か、また頭金がゼロでも新築一戸建てを購入できるのかについて紹介しました。
新築一戸建てをご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。

頭金に関して何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事が新築一戸建てを建てられる際の参考になれば幸いです。

投稿日:2022/01/21投稿者:-

「新築一戸建てを購入する流れを知りたい」
「契約するときに注意することってあるのかな」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新築一戸建てを購入する流れ、また契約の際の注意点について解説します。
新築一戸建ての購入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

□新築一戸建てを購入する流れを紹介します!

ここでは、新築一戸建てを購入するまでの流れを紹介します。

1つ目は、購入の申し込みです。
自分が住みたいなと思う物件が見つかったら、購入の申し込みを行いましょう。
購入の申し込みは正式な売買契約ではなく、購入する側の意志を明確にするための仮契約のようなものです。
その際、申込証拠金として数万円程度求められることがあるので覚えておきましょう。

2つ目は、住宅ローンの事前審査です。
住宅ローンはほとんどの方が組むものかと思います。
購入の申し込みをしたあたりで、事前審査にも申し込みましょう。
事前審査は本審査に通過できそうかどうかを判断するためのものです。

結果は3日から7日ほどでわかります。
運転免許証や保険証、源泉徴収などを用意しておきましょう。

3つ目は、売買契約です。
不動産会社から重要事項説明を受けると、売買契約を結びます。
ここでの注意点は、手付金を支払うことです。

手付金は、物件価格の約5パーセントから10パーセントです。
意外と高いなと感じるかもしれませんが、購入金額の一部となるので心配ありません。
しかし、買い手がこの契約をキャンセルした場合、この手付金は戻ってこないので注意してください。

4つ目は、住宅ローンの本審査です。
売買契約を結んだと同時に、住宅ローンの本審査を受けます。

もしこの審査に落ちても、特約事項によって売買契約を白紙にできます。
その場合、手付金は戻ってくるので、安心して本審査を受けてくださいね。
しかし、特約事項の記載がないと手付金が返ってこない可能性があるので注意しましょう。

5つ目は、内覧会です。
内覧会では、汚れや傷、建具や設備に不具合がないかチェックしましょう。
もしあった場合は、引き渡しまでに修繕してもらいましょう。
この際に、室内のサイズを計測しておくと、家具や家電選びで困らずにすみますよ。

6つ目は、引き渡しです。
残代金や購入諸費用の支払いが終われば、引き渡しとなります。
物件を探し始めてから引き渡しまでの期間は人によってさまざまですが、スムーズにいけば半年間で一連の流れを終えられます。

 

□契約の際の注意点について解説します!

ここでは契約時の注意点として重要事項説明について紹介します。

重要事項説明は、売買契約を結ぶ前に行うものです。
これは、宅地建物取引業法という法律によって行うことが義務付けられています。
重要事項説明書には、物件や契約条件についてまとめて書かれています。
これには、購入する人が間違った認識で買うのを防いだり、購入後に想定外の不利益を被ったりしないようにする目的があります。

重要事項説明の大切なポイントは以下の通りです。
ぜひ覚えておきましょう。

・不動産の表示
・登記簿へ記載されている内容
・法令上の制限
・接道状況や私道負担
・水道や電気、ガスの供給と排水施設
・完成した際の形状や構造
・手付金に関すること
・契約解除に関すること
・契約不適合責任の履行に関する措置

 

□まとめ

今回は、新築一戸建てを購入する流れ、また契約の際の注意点について紹介しました。
契約時の注意点について気になっていた方は、ぜひこの記事をお役立てください。

何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事が新築一戸建てを購入される際の参考になれば幸いです。

投稿日:2022/01/17投稿者:-

「建売住宅でオプション工事は必要なのだろうか」
「おすすめのオプション工事を知りたい」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、建売住宅でオプション工事は必要かどうか、またおすすめのオプション工事について詳しく解説します。
新築一戸建ての購入を検討中の方は必見です。

 

□建売住宅でオプション工事は必要かどうかについて解説します!

建売住宅の標準仕様とオプション仕様はどのように異なるのでしょうか。
まずは、その違いについて解説します。

標準仕様とは、生活に必要な基本的な設備のことです。
これは生活する上で必要な最低限の設備です。
この設備は、本体価格に含まれており、引き渡しの際にはすでに設置されています。

一方、オプション工事で設置される設備は、本体価格に含まれません。
オプション仕様にも生活に必要なものはありますが、標準仕様に比べるとその必要度合いは下がるでしょう。

では、オプション工事はいくらくらいかかるのでしょうか。
次に、オプション工事の費用について解説します。

工事にかかる費用は、人によって異なります。
50万円ほどですませる人もいれば、300万円ほどかける人もいます。
カーテンレールやカーテン、網戸やシャッター、エアコンや照明などの必要最低限のオプションであれば、50万円から100万円ほどにコストを抑えられます。

しかし、他にも便利な設備は数多くあります。
カーポートや床暖房などたくさんの選ぶ余地があります。
工事にかかる費用を把握した上で、ご自身に必要な仕様を考え、資金計画を立てることが重要です。

ここまで、オプション工事の費用について解説しました。
では、オプション工事は住宅ローンに含められるのでしょうか。

オプション工事は、住宅ローンに含められます。
ただし、施工業者とは別の業者にオプション工事を依頼する場合は、本体価格とは別の費用となるケースがほとんどです。
そのため、どうしても現金で支払いたくない場合は、諸費用ローンやリフォームローンを用いて工事すると良いでしょう。

 

□建売住宅でおすすめのオプション工事を紹介します!

1つ目は、洗濯パンです。
洗濯パンは、洗濯機の下に水漏れしないように設置されているものです。
賃貸の場合であれば標準仕様であることが多いですが、建売住宅ではオプションで付けなければならないケースがあります。
洗濯パンをあらかじめ取り付けておけば安心です。

2つ目は、ディスポーザーです。
ディスポーザーは、キッチンのシンクに取り付けるものです。
ハンマー状のブレードで野菜のくずなどを細かく粉砕し、そのまま下水に流すことが可能です。

3つ目は、タンクレストイレです。
タンクレストイレは、便器の後ろにあるタンクがないです。
そのため、圧迫感がなく空間がスッキリとして印象となります。

4つ目は、カーテンレールです。
建売住宅には、カーテンレールが付いていないことがあります。
カーテンは防犯面で必要です。
そのため、カーテンレールの設置は非常におすすめです。

5つ目は、エアコンです。
今やエアコンは生活必需品とも言えます。
快適な生活を送るためには、エアコンを設置しておくべきでしょう。

6つ目は、網戸や雨戸です。
建売住宅の場合、網戸や雨戸はオプションで設置しなければならないケースがほとんどです。
サッシの取り付けと合わせて設置するのがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、建売住宅でオプション工事は必要かどうか、建売住宅でおすすめのオプション工事を紹介しました。
新築一戸建ての購入をご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。

何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事がオプション工事を検討される際の参考になれば幸いです。

投稿日:2022/01/13投稿者:-

「一戸建てのメリットってなんだろう」
「新築のメリットやデメリットについて知りたい」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新築一戸建てのメリットとデメリットについて詳しく解説します。
新築一戸建てをお考えの方はぜひご覧ください。

 

□マンションと比較した一戸建てのメリットとデメリットを紹介します!

まずは一戸建てのメリットを紹介します。

1つ目は、騒音やプライバシーに関するトラブルが起こりにくいことです。
マンションでは、隣人トラブルが発生しやすい傾向にあります。
特にトラブルの原因となるのが、音です。
上の階の足音や隣の部屋の話し声などが気になってしまいます。

一戸建てであれば、そのようなトラブルは起こりにくいでしょう。
自分たちが立てる音が他の人の迷惑になることもないため、安心です。

また、プライバシーの面でもマンションより有利であると言えます。
家族構成や不在にする曜日などを推測されにくいからです。
女性や小さなお子様にとって住みやすい環境であると言えるでしょう。

2つ目は、自分自身の庭や駐車場をつくれることです。
マンションの場合、ベランダやバルコニーなどでしかガーデニングや家庭菜園ができません。
しかし、一戸建てなら庭でゆったりとガーデニングや家庭菜園を楽しめるでしょう。
物干し台を置いて、洗濯物を干すこともできます。

また、自分自身の駐車場を持てることもうれしいポイントです。
毎月、駐車場のためのお金を払う必要はありません。
敷地に余裕がない場合は、ビルトインガレージにしてみても良いでしょう。

3つ目は、管理費や修繕積立金が必要ないことです。
マンションの場合、住宅ローンの返済にプラスして、管理費と修繕積立金を毎月納める必要があります。
一戸建てでも修繕は必要ですが、そのタイミングや内容は自分自身で決められるため、金銭的な負担を軽減できるかもしれません。

次に一戸建てのデメリットを紹介します。

1つ目は、管理が自己責任であることです。
マンションでは、管理費や修繕積立金を納める代わりに、建物の管理を自分で行う必要がありません。

しかし、一戸建ては管理を自分自身で行わなければなりません。
家は必ず劣化するため、定期的なメンテナンスが必要です。
家の損傷に気づかず、そのまま放置した状態にしてしまうリスクがあります。

2つ目は、防犯面でのリスクが高いことです。
一戸建てはマンションと比べて、空き巣に狙われやすいというデメリットがあります。
一戸建てでもホームセキュリティを導入すれば安心ですが、そのためのコストがある程度かかってしまいます。

 

□中古と比較した新築のメリットとデメリットを紹介します!

 

*新築のメリット

1つ目は、新しいことです。
当たり前のことですが、使用する設備は新しいほうが良いですよね。
注文住宅であれば、こだわりのマイホームにできます。

2つ目は、リフォームをしなくても良いケースが多いことです。
中古住宅の場合、水回りやキッチンなどのリフォームを行うケースが多いです。
新築の場合、その分のコストがかかりません。

 

*新築のデメリット

1つ目は、希望する土地を選びにくいことです。
マイホームを建てる際に土地から探す場合は、希望する土地に建てることが難しいかもしれません。

2つ目は、内見できないケースがあることです。
特に注文住宅の場合は、完成後の状態を見ることができません。
分譲住宅の場合も、完成前に売れてしまうことが多々あります。

 

□まとめ

今回は、新築一戸建てのメリットとデメリットについて紹介しました。
新築一戸建てをご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事がマイホームを検討される際の参考になれば幸いです。

投稿日:2022/01/09投稿者:-

「新築物件を購入するメリットを知りたい」
「新築物件と中古物件ではどちらが良いのかな」
この記事をご覧の方は、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、新築物件と中古物件のそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説します。
新築物件の購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□新築物件のメリットとデメリットを紹介します!

まずは、新築物件を購入するメリットをいくつか紹介します。

1つ目は、建物が新しいことです。
新築物件なので、当たり前ではありますが、建物がきれいです。
断熱性や防音性、水回りなど、あらゆる面で最新の設備が整っています。
そのため、使い勝手が良く、満足のいく暮らしができるでしょう。

2つ目は、最新の耐震基準に沿った住まいであることです。
日本では地震が頻繁に起こります。
そのため、地震に強い住まいの必要があります。
中古物件は昔の耐震基準で建てられている可能性があるため、あまり安心はできないでしょう。

一方、新築物件は最新の厳しい耐震基準に沿った構造になっており、大地震にも耐えうる建物となっています。
また、建物の構造だけではなく、建築材もグレードアップしています。
新築物件なら、地震に恐れることなく安心して暮らせるでしょう。

3つ目は、購入するときや入居するときに税制面で優遇されることです。
新築でも中古でも、住まいを取得した際には税金を支払わなければなりません。
ただ、中古物件よりも新築物件のほうが優遇措置は手厚いです。

ここまで新築物件を購入するメリットを紹介しました。
しかし、新築物件にはメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。
ここからは新築物件を購入するデメリットをいくつか紹介します。

1つ目は、実際の住心地がわかりにくいことです。
新築物件の場合、建物が完全に建てられていない状態で購入しなければならないことがあります。
設計図や間取り図だけで完成後の状態をイメージするのは難しいかもしれません。
特に日当たりや眺望に関しては、完成してからでないと把握できないことが多いです。

2つ目は、条件の良い土地でない場合があることです。
新築物件であっても立地条件で不利になることはありません。
しかし、好条件の土地はすぐに買い手が決まります。
そのため、自分が最も希望する土地に住まいを建てるのは難しいこともあるでしょう。

 

□中古物件のメリットとデメリットを紹介します!

ここからは中古物件を購入するメリットとデメリットを紹介します。

 

*中古物件を購入するメリット

中古物件を購入する大きなメリットの1つは価格です。
新築物件と比較するとかなり低くコストを抑えられます。
また、物件を見てから購入を検討できることもメリットの1つです。
間取りや日の当たり具合が、自分の求めているものと一致しているか確認できます。

 

*中古物件を購入するデメリット

中古物件を購入する大きなデメリットは古いことです。
購入してすぐにリフォームやメンテナンスが必要な物件もなかにはあるでしょう。
また、設備が最新のものではないため、省エネでない場合があります。
そのため、新築物件に比べて維持費が高くなることがあるでしょう。

そして、耐震基準が低いこともデメリットの1つです。
耐震基準は過去に2度大きく改正されています。
そのため、耐震基準が改正される前の物件は耐震基準が低いと言えます。

 

□まとめ

今回は、新築物件と中古物件のそれぞれのメリットとデメリットについて紹介しました。
新築物件の購入をご検討される際は、ぜひこの記事をお役立てください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
この記事が新しいマイホームを決める際の参考になれば幸いです。

投稿日:2022/01/06投稿者:-