岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY


新築の購入を考えるうえで、水回りの設備についてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
水回りの設備は昔に比べて格段に進化しています。
トイレやお風呂など、水回りの設備は毎日使うものなので、これらの使いやすさは暮らしやすさに直結します。
そこで今回は、水回りの設備について、岡崎市の不動産会社がご紹介します。

□水回りのおすすめの設備とは?

新築住宅を建てる際には、水回りの設備が重要です。
この設備は暮らしやすさに直結する部分なので、こだわりを持っている方も少なくありません。
キッチン、トイレ、お風呂などのそれぞれの場所における設備について、詳しく確認していきましょう。

まず、キッチンのおすすめ設備です。
例えば、その中にビルトイン食器洗い乾燥機があります。
この設備では、食器を洗って拭く手間が省けるため、食後の後片付けが楽になります。
そのため、食器かごの代わりとしても使えるので、調理台の上を広々使えるというポイントや、自分で食器を洗うよりも水道代が節約できるという魅力があるでしょう。

さらにこの他に、引き出しキッチン収納やタッチレス水栓があります。
引き出し式は開き戸式に比べると、収納力が高く、腰をかがめずに物を取り出せます。
また、引き出しごとに深さが異なるため、必然的に物が整理整頓できるでしょう。
タッチレス水栓は、手や物をかざすだけでセンサーが動いて水を出したり止めたりできます。
こまめに止水でき、水道代の節約ができるため、おすすめの設備と言えるでしょう。

次にトイレの設備です。
おすすめの設備として、タンクレストイレが挙げられます。
この設備は見た目がすっきりしており、トイレ空間を広く使えます。
また、凹凸が少ないため、ホコリや汚れが溜まりにくく、形がシンプルなので、掃除しやすいのがメリットと言えるでしょう。

次にお風呂の設備です。
例えば、その中に浴室乾燥機が挙げられます。
浴室内を乾燥できるため、カビや結露の発生を抑えられたり、雨天時などに洗濯物を干せたりできるといったメリットがあります。
この他にも、冬に浴室を暖めておくことができるといったメリットも考えられるでしょう。

□水回りの注意点とは?

新築の水回りを考えるうえで、重要なポイントの1つに間取りがあります。
具体的な配置の仕方は、土地の広さによって変わってきますが、なるべく密集させておくほうがいいでしょう。
ばらばらに配置してしまうと、長い配管を用意したり、配管を通る経路を確保しなければならないためです。
ここを適当に配置してしまうと、建築費は高くなってしまいます。

また、複雑な配管していると漏水や詰まった際に、処置をするのが困難になります。
水回りの設備は1か所にまとめておくと便利になるでしょう。

次に重要な水回りのポイントの一つに、近隣の配慮が挙げられます。
洗濯機やトイレを使った後、入浴時などは排水音がかなり響く場合があります。
リビングでくつろいでいるときや、寝室で寝ているときに騒音として聞こえる場合があるでしょう。

また、この排水音は家の中だけではなく、外に響く場合もあります。
その際に近隣トラブルにつながらないようにするためにも、排水音の発生源を特定し、音がどこに伝わりやすいかといった点を工務店等に確認しながら考える必要があります。
これまでに数多くの工事を手掛けてきた工務店であれば、どういう間取りや設備にすれば快適に暮らせるのか知り尽くしているので、しっかりアドバイスを聞くようにしましょう。

□まとめ

水回りの設備は毎日使うものであるため、これらの設備の使い勝手の良さは暮らしやすさに直結します。
タンクレストイレや浴室乾燥機などの便利な設備の設置を考えましょう。
また、間取りを考える際は、1か所にまとめるといった点や近隣への影響といった点を考えるといいでしょう。

投稿日:2021/02/25   投稿者:-


中古住宅か新築住宅、どちらを購入するか悩んでいる方は多くいるのではないでしょうか。
どちらを購入するか判断するには、それぞれのメリットを把握する必要があります。
そこで今回は、中古住宅を購入するメリットとその注意点について岡崎市の業者がご紹介します。

□中古住宅を購入するメリットとは?

一戸建てを購入する場合、内装や外観を自分好みにアレンジできます。
マンションよりも自由にリフォームができるため、新築に劣らず人気があります。
そのような中古住宅ですが、実際に購入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
ここで詳しく見ておきましょう。

まず中古住宅のメリットとして、真っ先に挙がるものにその値段の安さがあります。
中古住宅は新築住宅よりも2割から5割程度、価格が安くなります。
特に木造住宅などに至っては、築20年で価値がほとんどなくなってしまうことから、土地の値段だけで住宅を購入できるといったケースもあるでしょう。

安く購入して、リノベーションを行うのもひとつの手段です。
また、広い敷地を有した中古住宅も同様です。
古くなった住宅の場合、その広さは年数と比例しないため、格安に購入してリノベーションすれば、広大な土地にマイホームといったことも可能かもしれません。

次に、空き家対策により購入しやすいといったメリットです。
現在、日本における空き家の割合は平均で20%越えと非常に高く、600~700万戸の空き家があるとされています。

このような深刻な社会問題から、2015年5月に「空家法」が施行され、空き家であると認定された場合の固定資産税が、今までの6倍になりました。
そのため、空き家を手放す人が多くなり、中古住宅購入のチャンスが高まりました。

また、この他にも、中古住宅には実際に目で見て確認できるといったメリットも存在します。
新築の場合、モデルルームを参考にしますが、完成してからでないと建物を確認できません。
中古住宅の場合、日当たりや風当りなど、肌で住むイメージを掴めます。
また、建物だけでなく周りの環境も確認できるため、これもメリットとして考えられます。

□中古住宅を購入する際の注意点とは?

住宅の購入は人生に1回あるかないかの重大な出来事です。
失敗やトラブルに巻き込まれないためにも、注意点をしっかり把握しておきましょう。

まず、費用の目安を確認しておくことです。
中古住宅を購入する際、建物の値段ばかりに目が行きがちですが、実際に必要となる費用は他にあります。
例えば、不動産を通して家の購入をする場合は仲介手数料が必要になります。

また、この他にも印紙税や登記費用、ローン借入手数料、保険料などの諸費用も必要になるでしょう。
さらに、物件には固定資産税や都市計画税などの税金もかかります。
ケースによって様々ですが、建物にかかる費用が9割、諸費用に1割かかるというのを目安に考えておくといいかもしれません。

また、契約時に重要事項説明を確認しておくことも重要です。
多くの確認事項があるので、契約日に焦って確認すると、慌てて契約を済ませてしまうことがあるでしょう。
十分な余裕をもって確認することを心がけてくださいね。

また、中古住宅を購入する際には契約不適合責任の有無が重要となります。
これは、購入した物件に欠陥があった場合における補償の取り決めとなります。
このポイントは、中古住宅購入における重要なポイントなので注意しておきましょう。

□まとめ

中古住宅を購入するメリットは、その値段の安さや、空き家対策による購入チャンスが高いこと、実際に目で見て確認できることです。
契約時には費用の目安や重要事項の確認をしっかりしておきましょう。

投稿日:2021/02/21   投稿者:-


新築住宅は、人生で1番高額なお買い物になるため、様々なポイントにこだわりたくなる方は多いです。
しかし、その中で、家の防犯対策に目が向く方は少ないでしょう。
日々の防犯対策はもちろんですが、長時間家を留守にする際は特に注意が必要です。
そこで今回は、防犯設備について岡崎市の不動産会社がご紹介します。

□おすすめの防犯設備とは?

警視庁による統計を見ると、侵入窃盗の発生場所の約40%が一戸建て住宅で、手口の35%が空き巣という情報が出ています。
またこの他にも、侵入にかかる時間としては7割が5分以内、10分以上かかるとほとんどの侵入者が諦めるという統計も出ています。

このことから、住宅の防犯対策には侵入するのに時間がかかる家だと思わせること、防犯意識の高い家だと思わせることが重要だと考えられます。
では、このような家にするために、どのような防犯設備を設置するべきなのでしょうか。
ここで、具体的に見ていきましょう。

まず、1つ目にエクステリアです。
隠れ場所となるような、周囲の目を遮る樹木や壁をドアの側に設置しないことは重要です。
室外機や物置など侵入の足場となるような物がないか、確認しておくことも大切です。
また、センサー照明や防犯カメラを設置しておくことで夜間の侵入を防げるでしょう。
照明も足元を照らすだけでなく、点滅やブザーといった防犯センサーを兼ね備えたものが便利です。

次に、窓です。
ガラスを割っての侵入はクレセント錠の周りを小さく割り、手で鍵を開けて入るというものがほとんどです。
ロックができるクレセント錠を選んだり、居室においては、夜間にシャッターを閉められるものにするのも効果的でしょう。
窓のサイズについても、場所によっては人が入れないサイズにするのもおすすめです。

最後に玄関です。
玄関で複数の鍵を付けることは一般的でしょう。
さらに最近では、カードキーやリモコンキーといった鍵を使わないタイプの玄関も増えてきています。
このタイプは表から鍵穴見えないため、ピッキングに対して視覚的な効果があります。

□設備以外の防犯対策とは?

前項で気付いた方は多いかもしれませんが、防犯対策で大事なことは空き巣犯の心理を考えて、必要なものを考えることが重要だということです。
そもそも、空き巣犯というのは手の込んだ下見を行い、犯行に移ると言われています。
そのため、空き巣犯は侵入に適した環境かどうかを気にするでしょう。

その際に見る具体的なポイントとしては、人目につかない場所かどうか、逃げやすく、さらに侵入しやすい場所かどうか、住人が留守にすることが多いかどうかといったことです。
つまり、空き巣に入る際に、目撃されるリスクを少なくするため、空き巣する予定の家の周辺の下調べをします。

その際に、空き巣犯は連帯感のある地域を嫌うでしょう。
これはご近所付き合いが良好な場所は、ご近所の顔を覚えているため、よそ者がいると不審に思われ、声をかけられることが多くなるためです。
長期間旅行に行くような際も、ご近所付き合いが良好だと、とても頼りになります。
お金もかからず、工事を必要としない近所付き合いという防犯対策も重要でしょう。

また、逃げやすく、さらに侵入しやすい場所かどうかというポイントに関しては、駅に近いかどうかも重要です。
駅に近い地域ほど、万が一見つかっても人ごみに紛れ込めます。
これと同じ理由から、繁華街に近い住宅も狙われやすくなるでしょう。

□まとめ

防犯のためには、エクステリアや窓、玄関といった設備で対策を行う場合と、近所付き合いをしておき、連帯感を高めるといった対策を行う場合があります。
それぞれ、具体的に確認しておき、防犯対策をしっかり行っておきましょう。

投稿日:2021/02/17   投稿者:-


中古住宅を購入する際に、どのような税金がかかるのか、詳しくご存知でない方は多いのではないでしょうか。
資金計画やスケジュールを立てるためにも、税金の概要を確認しておくことは大切です。
そこで今回は、岡崎市で中古住宅の購入を考えている方へ向けて、税金の種類とそのポイントについてご紹介します。

□中古住宅を購入する際にかかる税金とは?

住まいを購入すると、様々な税金がかかります。
どのような種類があるのか、ここで1つ1つ確認しておきましょう。

まず、最初に不動産取得税です。
こちらは売買・贈与で不動産を取得したとき、また新築や増築したときに都道府県が課税する地方税を指します。
この税金の納税方法については、取得後6か月から1年半くらいの間に各都道府県から届く納税通知書を利用して納税します。

次に、登録免許税について確認してみましょう。
これは土地や建物を建築、購入した際に、所有権保存登記や移転登記を行う際の税金です。
この登記の種類に関しても、上記のものの他に、所在地番や構造、床面積を特定する表題登記や、住宅ローンの担保として提供された不動産に設定される抵当権を明らかにするための抵当権設定登記などがあります。

また、これらの他にもかかる税金として印紙税がありますが、どのような税金なのでしょうか。
これは印紙税法で定められた課税文書に対して課税されるものです。
不動産の取引における、売買契約書や建物の建築請負契約書、土地賃貸借契約書などがこの課税文書に該当し、この記載金額によって税額が決定します。

印紙税の納付は既定の印紙を契約書に貼り、それを消印して完了です。
同じ契約書を複数作るときは、1通ごとに印紙を貼る必要があるので注意しておきましょう。

そして最後に消費税です。
これは課税事業者が行った国内取引に課税されるものです。
資産の譲渡でも土地には消費税はかかりません。
建物の譲渡代金や仲介手数料などは課税されます。

□中古住宅を購入時にかかる税金のポイントとは?

前項では中古住宅を購入する際にかかる税金の種類について確認しましたが、この項ではチェックしておきたい控除される税金のポイントについてご紹介します。
税金を安くする特例と控除される税金の要件を、ここでチェックしておきましょう。

まずは、登録免許税についてのポイントです。
家屋の登録免許税には、住宅用家屋の軽減税率という特例があり、該当する用件には以下のようなものがあります。
自己居住用住宅、床面積50㎡以上、築20年(耐火住宅は25年)以内または地震に対する安全性に係る基準に適合することが証明されたもの、取得後1年以内に登記したものに限られます。

次に、不動産取得税についてのポイントを確認しておきましょう。
この税金に関しても、要件に該当する場合には、一定の金額を控除される特例があります。
その要件として、自己居住用住宅、床面積50平方メートル以上240平方メートル以下、築20年(耐火住宅は25年)以内または、地震に対する安全性に係る基準に適合することが証明されたもの、または昭和57年1月1日以降に新築されたものに限られます。

また、この他にも住宅ローン控除についても注意が必要でしょう。
この制度を利用するためには、取得日から6か月以内に居住、床面積が50平方メートル以上で、その家屋の2分の1以上が居住用であること、築20年(耐火住宅は25年)以内、平成17年4月1日以降に取得した既存住宅が地震に対する安全性に係る基準に適合する場合には築年数の制限はありません。

□まとめ

中古住宅購入時にかかる税金は不動産所得費や登録免許税などがあります。
場合によっては控除されることもあるので、その要件を確認しておきましょう。

投稿日:2021/02/13   投稿者:-


中古住宅を購入する際に、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。
失敗しないためにも、ここでそのポイントを確認しておきましょう。
今回は岡崎市で中古住宅の購入を考えている方に向けて、失敗例とともに中古住宅の購入についてご紹介します。

□中古住宅購入時によくある失敗とは?

中古住宅購入の際には、後から重大な問題点が見つかるかるかもしれません。
しかし、ここで事前にどのような問題があるか、そのケースをいくつか把握しておくことでそのリスクを回避できる可能性があります。
そこで今回は、中古住宅購入時によくある失敗例についてご紹介します。
ここで詳しく確認しておきましょう。

1つ目は、基礎・構造部分の問題です。
具体的な例を挙げますと、窓枠にひずみがあり隙間風が吹いているといったケース、基礎部分に劣化があるケース、配管部分の雨漏りがあるケースなど様々なものが挙げられます。
どれも、内覧時に内装を確認するだけでは分からないものばかりなので、注意してチェックしておく必要があるでしょう。

また、この他にも断熱性の問題が挙げられます。
中古住宅を購入したが、断熱材が古いために断熱性が低く、家の中であっても夏は暑くて冬は寒くなるといったものであったというケースも少なくありません。
春や秋など、過ごしやすい季節における内覧では気付きにくい部分なので、意識して確認する必要があります。

さらに、近隣の人間関係といった部分にも問題があるケースがあります。
具体的には、その地域一帯がみな家族ぐるみで仲が良く、密な付き合いを求められるといったものであったり、自治会の参加が半強制的で、地域のイベントや集会に参加しなければならないものなどがあります。
このような環境が苦手という方は、よく担当者に相談しておく必要があるでしょう。

そして、重要なポイントの1つに資金の問題があります。
基礎部分の修繕工事やシロアリ駆除など予想外の費用がかかってしまったというケースも少なくありありません。
事前にどのくらいの資金が必要なのか、修繕の必要性も含めて確認しておく必要があるでしょう。

□中古住宅購入前にしておくべき対策法とは?

前項では、中古住宅を購入する際のよくある失敗例についてご紹介しましたが、今回はそのような失敗例から考えられる対策法についてご紹介します。

まずは、ホームインスペクションを受けるというポイントです。
このホームインスペクションでは、住宅診断士が住宅の劣化状態や欠陥の有無を調査します。
雨漏りや基礎部分の劣化など、様々な調査結果をもとに、改修にかかる費用の見積もりやリフォームのアドバイスが受けられるでしょう。

そして次に、耐震診断を受けるというポイントです。
耐震性が気になる中古住宅は、ホームインスペクションに加えてこの診断を受けましょう。
住宅ローン控除を考えている場合は、耐震基準を満たしているかどうかは大事なポイントです。

また、契約不適合責任について理解することも重要なポイントです。
この契約不適合責任とは「売買契約において引き渡された目的物が種類・品質・数量に関して契約の内容に適合しない場合、売主が買主に対して負う責任」のことを指します。
つまり、契約時に告知されていないシロアリ被害や雨漏りの責任は売主が負う可能性があるでしょう。

買取した中古住宅に瑕疵による不具合が生じた際に、既存住宅瑕疵保険に加入しているかどうかも重要です。
また、内覧見学時も騒音や交通量といった周辺環境をチェックする必要があります。

□まとめ

中古住宅の購入時には、様々な失敗例があります。
その中に構造や基礎部分の問題や、近隣の人間関係といった問題があります。
内覧時に確認したり、ホームインスペクションをしたりするといいでしょう。

投稿日:2021/02/09   投稿者:-