岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

岡崎市で一戸建ての購入をご検討中で、不動産会社選びに困っている方はいらっしゃいませんか。
住宅の購入では、良い物件だけでなく、良い不動産会社に出会えることも重要です。
目先の利益を優先するような不動産会社に依頼してしまうと、後悔してしまうでしょう。
今回は、不動産会社の選び方についてご紹介します。

□不動産会社の選び方

安心して依頼できる不動産会社にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここからは優良な不動産会社の特徴を4つご紹介します。

1つ目は、依頼者の要望をしっかり聞いてくれることです。
一方的に情報を投げかけてくるのではなく、依頼者側の要望を聞いてくれる不動産会社は信用できるでしょう。
また、依頼者側が自分では気づいていないような要望を引き出そうとしてくれることもあります。
依頼者の話をあまり聞かず、一方的に話してくる不動産会社には気を付けましょう。

2つ目は、物件の欠点やできないことを明らかにしてくれることです。
どれだけおすすめの物件だとしても、必ず欠点はあるはずです。
物件を購入してもらいたいがために、欠点を隠して、良い部分しか言ってくれない不動産会社には注意しましょう。
また価格や契約条件で交渉することがあると思いますが、できることとできないことをはっきり言ってくれる業者は信用できるでしょう。

3つ目は、対応が早いことです。
もちろん内容次第ではありますが、依頼者の質問や問い合わせに迅速に対応してくれる不動産会社を選びましょう。
不動産会社も他のお客様の対応に迫られていることもあるので、時間が取れない可能性はあります。
時間が取れない時でも、必ず一報入れてくれる不動産会社は信用できるでしょう。

4つ目は、説明が分かりやすいことです。
住宅の説明を受ける際に、専門用語で難しい説明をされても理解できない場合があるでしょう。
相手側の目線に立って、素人でも分かりやすい説明をしてくれる不動産会社に依頼しましょう。
依頼者の将来のことまで考慮した提案をしてくれる不動産会社は信用できるでしょう。

□合わない不動産会社に依頼した時は

不動産会社に訪れて、説明を聞いてみたものの、あまり気に入らなかった場合は、どうすれば良いのでしょうか。
全ての会社が優良なわけではなく、訪問した先の対応が悪いこともあるでしょう。
そのような業者と出会った時は、遠慮せずに必ず断るようにしましょう。
失礼にあたるかもしれないと考えて、断りづらい方もいらっしゃいますが、断る権利があるので問題ありません。

物件は安いものではなく、何千万円もする高価なものなので、少しでも納得できない部分があると、後悔してしまうでしょう。
不動産の営業を断ったからと言って、何かペナルティーをくらうことはありません。
何か不満があった時は、いきなり断るのではなく、他の営業担当に変えてもらうのも、改善のための1つの手です。

強引に押し売りされて、もう相手にしたくないと思っている不動産であれば問題はないでしょう。
しかし、丁寧な対応をしてもらったにも関わらず、依頼者側の事情で断る場合には、何も連絡をせず、断るのは失礼になってしまいます。
断りの電話をきちんと入れて、購入を諦める理由をしっかり説明しましょう。
不動産側も断られる可能性があることは覚悟しているので、電話を入れてきちんと連絡することで、お互いに納得できるでしょう。

□まとめ

今回は、不動産会社の選び方についてご紹介しました。
ご紹介した特徴がある不動産会社に依頼できると、安心して物件を購入できるでしょう。
断る場合は、あまりにも雑な対応をされた場合以外は、可能であれば電話をして、理由を説明できると良いでしょう。
この記事を参考にして、失敗のない一戸建ての購入をしてください。

投稿日:2020/07/29   投稿者:-

新築を購入した後に、ご近所とのトラブルになるという話を聞いたことがあるでしょうか。
岡崎市で新築を購入しようと考えている方は、ご近所トラブルを避けたいと考えているはずです。
トラブルを避けるにはどうすれば良いのでしょうか。
今回は、ご近所トラブルを避けるための方法をご紹介します。

□トラブルの例とは

ご近所トラブルと一口に言っても、原因は1つではありません。
どのようなトラブルが起こるのでしょうか。
ここからは実際に起きたトラブルを、4つご紹介します。

1つ目は、騒音問題です。
車が好きな方や、ピアノやギターなどの楽器が好きな方が近所にいると、音がうるさくてトラブルが起きてしまう可能性が高いです。
また、小さな子供がいるご家庭であれば、子供の泣き声や笑い声が原因でトラブルが起きることもあるでしょう。
知らぬ間に自分が原因になっていることもあるので、注意が必要です。

2つ目は、ゴミ問題です。
ゴミを放置する住宅が近所にあると、悪臭の発生が原因となってトラブルが起こることもあります。
自治体が定めたルールやマナーを守らない方は不快に思われることが多いでしょう。
ルールを守るのは当たり前ですが、近所にルールを守らない方がいた場合は、直接言うのではなく、自治体に相談するようにしましょう。

3つ目は、敷地・境界問題です。
庭にある木の枝が境界線を超えてしまっていると、トラブルが起きてしまうかもしれません。
また、隣の住宅と距離が近い場合は、圧迫感があるということが理由で、トラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。
何か問題が起きてしまった時は、感情的にならず、自治体に相談するようにしましょう。

4つ目は、臭い・煙の問題です。
隣の住民が喫煙者であった場合に、住宅の窓を開けていると、その煙が入ってきてしまうことがあります。
クレームを入れると、家を覗いていると逆に疑われてしまうことがあるようなので、注意しましょう。
隣の住民との関係が気になる方は、窓や玄関の位置が隣と面していないか、事前にしっかりと確認しておいてください。

□トラブルを避けるための方法とは

ここまでトラブルの具体例をご紹介しました。
最も多いのが騒音問題ですが、購入前には完璧に確認することは困難です。
休日にゆっくりしている時や寝る時に、隣から騒音が聞こえてきたら、気持ちが良いものではないですよね。
トラブルを避けるためにはどうすれば良いのでしょうか。

主な原因として、近隣住民との関係性が挙げられます。
それほど交流もなく、コミュニケーションも取りづらい関係性であると、トラブルが起きやすいかもしれません。
トラブルを避けるためには、ご近所と日頃からコミュニケーションをしっかり取ることが大切です。
日頃から交流を深めておくことで、お互いの関係性が良くなり、未然に防げることもあるでしょう。

しかし、過剰にコミュニケーションを取ろうとすることは避けた方が良いでしょう。
うるさく話しかけてくる人と認識されてしまうかもしれません。
適度な距離を保って、相手への気配りを意識すると良いでしょう。

また、事前に周辺環境を確認しておくことも大切です。
周辺の住宅について全く考慮しなかった場合は、トラブルに巻きこまれるかもしれません。
内容や外観はもちろん大切ですが、そればかりに注目してしまわないようにしましょう。
自分なりに周辺環境をしっかりと分析して、不安の残らないようにしてください。

□まとめ

今回は、ご近所トラブルを避けるための方法をご紹介しました。
騒音やゴミなど、ご近所のトラブルになる原因はたくさんあります。
住宅を購入する以上、ご近所との関係は切っても切り離せません。
日頃からのコミュニケーションや事前の確認をして、快適な生活を送れるようにしましょう。

投稿日:2020/07/25   投稿者:-

岡崎市にお住まいで、新築の購入をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
新築は外観も内装も綺麗ですが、ツンとした臭いが気になる方もいらっしゃると思います。
せっかく高い金額を出して購入しても、臭いがきつくて生活しにくいのは嫌ですよね。
今回は、新築特有の臭いの対策法についてご紹介します。

□臭いの原因とは

人生の最大の買い物である住宅を購入したにも関わらず、強い臭いがすることがあります。
この臭いによって、気分が悪くなるだけでなく、頭痛や吐き気の症状が出る可能性があります。
もし、臭いについて業者にクレームを入れたとしても、「対策は万全」や「臭いは消えていく」と言われるかもしれません。

一体この臭いの原因は何なのでしょうか。

結論から申し上げると、化学物質が原因です。
住宅が高気密化していることによって、使用されている建材から化学物質が気化し、室内に充満してしまいます。
この化学物質がきつい臭いの原因でしょう。
臭いだけなら大丈夫と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人体に悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。

全ての人に影響が出るわけではなく、臭いが充満する部屋にずっといたとしても、全く影響を受けない方もいます。
しかし影響を受けやすい方であった場合、シックハウス症候群になってしまう可能性があります。
主な症状としては、めまいや頭痛、吐き気が挙げられるでしょう。
業者にクレームを言っても対処してもらえないことが多いので、自分で対処する必要があります。

□マイホームの臭いの対処法とは

せっかく購入したマイホームの臭いがきつくて、快適な生活を送れないのは嫌ですよね。
快適な生活を送りたい方はどうすれば良いのでしょうか。
ここから、臭いの対策法を2つご紹介します。

1つ目は、換気です。
臭い対策で何よりも効果が高いのは換気でしょう。
近年は技術が発展してきていることもあり、高気密な住宅が増えてきています。
高気密な住宅の場合は、換気をしない限り、ずっと臭いが室内に残ってしまうでしょう。

また、一度だけ換気しても意味がありません。
化学物質は長時間残ってしまうので、継続的に換気をするようにしましょう。
即効性がある方法ではないので、すぐに諦めるのではなく、根気強く続ける必要があることを覚えておきましょう。

2つ目は、モデルハウスで臭いを確認することです。
化学物質の臭いがどのくらい強いのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
臭いがどの程度なのか気になる方は、モデルハウスに行ってみることをおすすめします。
完全に同じ臭いというわけではありませんが、多少の目安にはなるでしょう。

仮にモデルハウスに訪れて、あまり臭いが気にならないと感じた方でも注意が必要です。
自分はシックハウス症候群になっていなくても、将来生まれてくる子供に影響してしまうことがあります。
住宅の購入をご検討する時は、現状ばかりに注目するのではなく、将来も見据えて検討するようにしましょう。

また、換気で臭いは抑えられますが、一度使用された化学物質はしつこく残ってしまうでしょう。
継続的に長期間換気する必要があるので、何年も臭いと付き合っていく必要があるかもしれません。
少しでも早く臭いを抑えたい方は、化学物質があまり使用されていない物件を選ぶことをおすすめします。
物件の情報を見て、建材や塗料で何が使用されているのか、必ず業者に確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は、新築の臭いの対策法についてご紹介しました。
新築特有の臭いの原因は化学物質で、人体に悪影響が出てしまう可能性があることが分かりました。
対処法としては、継続的に換気をすることや、事前にモデルハウスで臭いを確認することが挙げられます。
臭いが気になる方は、ご紹介した対処法を試してみてください。

投稿日:2020/07/21   投稿者:-

人生の最大の買い物と言われるマイホームの購入をする時は、嬉しくて気分が上がってしまうでしょう。
新築の住宅を購入する場合は、色々な設備を付けると思いますが、無駄な設備を選ぶことは避けたいですよね。
何が必要ない設備か分からない方もいらっしゃるでしょう。
今回は、新築に必要な設備を岡崎市の業者がご紹介します。

□必要な設備とは

より快適な生活を送るために必要な設備を3つご紹介します。

1つ目は、床暖房です。
冬になるとエアコンやヒーターを使用する方がほとんどだと思います。
しかし温かい空気には、上昇するという特徴がありヒーターなどでは、うまく部屋が暖まらないかもしれません。

しかし、床暖房は足元から部屋全体を温められるため、エアコンやヒーターを使用するよりも快適な生活が送れるでしょう。
空気が乾燥することもないため、空気の乾燥を気にされる方にはぴったりでしょう。

また床暖房には、電気式と温水式の2種類があることをご存じでしょうか。
電気式の場合は、初期費用が安いという特徴がありますが、部屋が温まるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。
一方で温水式は、電気代に加えてガス代もかかってしまいますが、メンテナンスに必要な費用を抑えられるという特徴があります。
どちらが良いかは一概には言えませんが、自分に合った方を選ぶようにしましょう。

2つ目は、宅配ボックスです。
忙しくてなかなか家におらず、宅配の受け取りが難しいという方がいるのではないでしょうか。
宅配ボックスを設置しておけば、不在の時でも荷物を受け取れます。
安全面に不安を感じるかもしれませんが、スマートフォンと連携させることで防犯対策もできるので安心できるでしょう。

3つ目は、エコラカットです。
エコラカットという言葉を知らない方が多いのではないでしょうか。
湿度が高い時に湿気を吸収し、低い時は放出することで、住宅の湿度を調整してくれる壁素材のことです。
機能が優れているだけでなく、見た目も綺麗という特徴もあるので、予算に余裕がある方にはおすすめです。

□必要ない設備とは

ここまで、おすすめの設備についてご紹介しましたが、逆に付ける必要がない設備はあるのでしょうか。
ここからは、十分に活用できない可能性がある設備について3つご紹介します。

1つ目は、床下収納です。
収納スペースはとても大切なので、たくさんある方が良いのですが、日常的に使用しない収納は必要ないでしょう。
実際に床下収納を設置しても、最大限に活用できる方は少ないかもしれません。
使用頻度が低い設備よりも、日常的に使用する設備にお金を使った方が良いでしょう。

2つ目は、吹き抜けです。
開放感があり、部屋が明るくなるため、導入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、冷暖房の効率が低下し、冬は寒いと感じる方が多いようです。
吹き抜けを設置する場合は、床暖房を設置するなどの工夫が必要でしょう。

3つ目は、大きな浴槽です。
広いお風呂で大きな浴槽に入ることに対して憧れを抱いている方もいらっしゃるでしょう。
確かに魅力的ではありますが、水道代が高くなったり、掃除が大変になったりとデメリットもあるようです。
大きい浴槽は確かに素敵ですが、本当に必要な大きさなのか考えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、新築で必要な設備についてご紹介しました。
どのような設備を付ければ良いか分からなかった方も、この記事を読んで分かったのではないでしょうか。
一見魅力的に見える設備でも、デメリットも存在するので注意しましょう。
自分の生活に必要なものは何なのかを考え、より快適な生活を送れるようにしてください。

投稿日:2020/07/17   投稿者:-

岡崎市で中古住宅の購入をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
新築と比べて価格が安いと言われている中古住宅ですが、雨漏りの問題に悩まされることがあります。
修繕するにしても、どのくらい費用が必要なのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
今回は、中古住宅において雨漏り工事の費用についてご紹介します。

□費用の相場とは

費用を気にされる方が多いと思うので、ここからが雨漏り工事の費用の相場についてご紹介します。
中古住宅は新築よりも安く購入できますが、修繕にかかる費用が思っていたよりも高くなってしまうことがあるかもしれません。
あらかじめ相場を知っておくと、具体的に工事のイメージをつかみやすくなるでしょう。

結論から申し上げると、被害の度合いと修繕個所によって費用は大きく異なります。
応急処置程度であれば、1万円以内で修繕がおこなえるでしょう。
一方で、葺き替えが必要な場合は、相場は60万円から200万円になります。

工事にかかる費用は、工事の規模の大きさに応じて価格は異なると言えるでしょう。
一般的に、雨漏り工事と言えば天井の張替えをするイメージがあると思いますが、天井の張替えだと相場は5万円から15万円程度です。

一言に雨漏り工事と言っても、工事の内容によって金額はそれぞれです。
修理の範囲が狭ければ安くなり、広ければ高くなってしまうでしょう。
工事を依頼する前は雨漏りの被害の程度が低いと思っていても、工事を進めていく中で工事が必要な箇所が他に見つかることもあります。
外側から見ただけでは判断できないものなので、まず業者に依頼して入念な調査をしてもらいましょう。

調査を進めていくと修理が必要な部分が判明するため、修理に必要な費用も分かりやすくなります。
雨漏りが多少発生していたとしても、特に気にしないから修理は必要ないと考えている方がいらっしゃるかもしれません。
確かに室内に水が滴るだけなら気にされなくても良いかもしれませんが、雨漏りによる被害はそれだけではありません。
そのまま放置してしまうと、白アリが大量発生したり、住宅の建材が腐敗したりしてしまうでしょう。

□雨漏りを防ぐためには

雨漏りの工事に必要な費用についてご紹介しましたが、全ての中古住宅で雨漏りの工事が必要なわけではありません。
そのため、雨漏りの被害を受ける可能性が低い住宅を選びたいですよね。
実は物件を内見する時に、雨漏りが発生している物件の購入を防げる方法があります。
ここからは、雨漏りがあるかどうかを見抜くポイントをご紹介します。

見分ける目安として役立つのが、天井に面した壁にシミができているかどうかです。
仮にその物件に雨漏りが発生している場合は、壁に特徴的なシミができているでしょう。
壁にしみ込んだ雨水が、乾燥することによってシミになります。
物件を内見する時に、天井付近を注意深く観察し、問題が起きていないかしっかりと確認するようにしましょう。

また、雨漏りをすごく気にされる方は、実際に雨が降っている日に内見に行くことをおすすめします。
晴れた日では、仮に問題が発生している箇所があったとしても、見過ごしてしまうこともあるでしょう。
しかし実際に雨が降っている日に行くと、問題が起きている箇所で雨漏りしている様子を見られます。
内見で問題の箇所を発見できるか不安な方は、できれば雨が降っている日に物件を確認するようにしましょう。

□まとめ

今回は、中古住宅における雨漏り工事の費用についてご紹介しました。
費用がどのくらい必要か分からなかった方も、この記事を読んでイメージできたのではないでしょうか。
価格の安い中古住宅を購入しても、修理に高額な費用が必要なこともあります。
内見でしっかり問題箇所がないか確認して、後悔のないようにしてください。

投稿日:2020/07/13   投稿者:-