岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

「一戸建ての購入を考えている」
「間取りで失敗しそうで怖い…」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに、一戸建てとなるとずっと住むことになるので間取りの失敗は怖いですよね。
そこで、そのような方のために今回は一戸建ての間取りを決めるときのコツについて岡崎市の業者がご紹介します。


□間取りを考えるときのコツ

*余分に一部屋とっておく
自分の家を建てるとなると、気になるのが間取りです。
間取りに関する失敗は多く、一戸建てとなると住み替えも難しいので、注意が必要です。
よくあるのが、最低限必要な部屋の数だけで間取りを決定してしまい後悔してしまうというパターンがあります。
そのため、なるべく余裕をもって間取りを決定するようにしましょう。
必要最低限な部屋数に余分に一部屋足して計画するのがベストです。
余裕をもっていると、お子さんが独立したり、お客さんが来たりしたときに柔軟に対応できて便利です。
将来子どもが増える予定の方、来客が比較的多い方は、その人数や年齢を考えて、間取りを計画すると、後悔することも少なくなるでしょう。

*一部屋広く取っておく
上記の方法で、余分に部屋を足してしまうとお金がその分かかってしまって、予算的に厳しい方もいらっしゃいますよね。
また、土地の広さが足りなくてプラス一部屋することが困難な方もいらっしゃるでしょう。
そういった方におすすめなのが一つの部屋を広く取っておいて、後から必要に応じて仕切るという方法です。
この方法を使うことで、お子さんが増えたときには一つの部屋を二つに分けることで対応できますし、間取りの変更が自由にできるので色々な状況に対応できるようになるでしょう。
また、一般的に家にいる時間が一番長いのは奥さんです。
そのため、奥さんの家事動線などを意識して間取りを計画することも忘れてはいけません。
こういった要素を意識することで家族で楽しく暮らせるような家ができるでしょう。


□三人家族の間取り

*2LDKを目安にする
三人家族で家の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?
その場合にはリビング、キッチン、ダイニングと子どもの部屋と夫婦の部屋の2LDK以上が最低限必要とされるそうです。
そのため、なるべく2LDKを目安にして間取りを計画するようにしましょう。
夫婦の部屋と子どもの部屋を別にしておかないと、後々子どもが大きくなった時にプライバシーの問題が出てきます。
ずっとその家に住み続ける予定の方はお子さんの成長も考えて夫婦と子どもの部屋を別々にとるようにしましょう。
そして、2DKと比較すると、リビングが広々としており子どもが小さい間は同じ場所で同じ時間を共有でき、お子さんと楽しい時間を過ごせます。
そのため、2LDKは最低限目安として考えておくことをおすすめします。

*3LDK以上が必要な場合
上記のように三人家族である場合には2LDKで十分ですが、三人家族以上になると3LDK以上あった方が好ましいです。
また、三人家族であったとしても、来客が多いともう一部屋必要な場合もあるでしょう。
そのため、お子さんの人数や歳、また来客数が多い時にはそれも考慮して間取りの計画を立てることをおすすめします。
また、国土交通省の住生活基本計画によると三人家族の場合だと最低40平方メートルが必要だとされています。
住宅を購入してからもっと広い家にしておけばよかったと思わないように、しっかり考えてから住宅を購入するようにしましょう。


□まとめ
今回は一戸建ての間取りを決めるときのコツについてご紹介しました。
間取りは家族の人数や、来客数に応じて柔軟に対応できるよう計画することが重要だということがわかっていただけたと思います。
また、他にもお悩みや疑問点がある方はぜひ私たちにご相談ください。

投稿日:2020/04/29   投稿者:-

「不動産の購入の予定がある。」
「不動産を購入する際に、一戸建てとマンションで迷っている」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに、一戸建てとマンションで価格も違ってくるので、どちらにするか迷いますよね?
そこで、そのような方のために今回は一戸建てとマンションの価格についてご紹介します。


□マンションと一戸建てで低コストなのはどっち?

マンションと一戸建てどちらにするか考えるときに頭によぎるのが価格です。
どうしてもどちらが得でどちらがそんなのか考えてしまう方も多いはずです。
マンションだと駅近だったり、周辺環境がよかったりなどの立地条件によって資産価値がかなり左右されるので、一概に一戸建てとマンションのどちらが得か判断することは難しいでしょう。
しかし、どちらがコストがかかるのかという視点で考えると、断然マンションの方がコストがかかります。
これの理由としては、マンションは買った後の維持管理費用がかかるからです。
一戸建てだと管理費、修繕積立金、駐車場代、駐輪場代は必要ありませんが、マンションは全部払わなければいけません。
例えば、固定資産税をどちらも20万円、管理費と修繕積立金を月々3万円、リフォームの費用をマンション200万円、一戸建て500万円、で考えてみましょう。
一戸建ての維持管理費は1500万円で済みますが、マンションは3000万円と、一戸建ての2倍の金額がかかるのです。
このように同じ金額の物件を買ったとしても一戸建てとマンションは維持管理費でかなりの差がでることがわかっていただけたと思います。
そのため、なるべく低コストで済ませたいという方は一戸建てを検討してみてはいかがでしょうか?


□知っておきたい住宅の価値の下落とは?

不動産を買うとなると、気になるのがそのタイミングです。
タイミングを逃してしまうと損をしてしまいそうで、少し怖いですよね?
また、これから様々な影響を受けて住宅市場の価格は下がることが予測されており、不動産の購入も慎重にならなければいけません。
以下でなぜ、住宅市場の価格が下がるのかについてご紹介します。

*オリンピックの影響
これから消費税率の引き上げや東京オリンピックの開催によって、首都圏を中心とした地価と、住宅価格の上昇が予想されます。
ただ、オリンピックの開催後は景気が良くなることはなく、逆に不安定になり、住宅価格もそれと同時に下落すると言われています。
また、他のシドニーや北京などのオリンピック開催国の事例を見ても景気が不安定になっていることがわかります。
そのため、不動産の購入を考えている方はオリンピックのことも考慮して購入するようにしましょう。

*住宅飽和になる
1992年に生産緑地制度というものが導入されました。
この制度は農地の利用として申請を出せば、1992年から30年間は固定資産税が安くなるといった制度です。
しかし、2022年にこの制度の期限を迎え、今まで農地として使用されていたような土地が、これからは宅地として使用されるようになるでしょう。
そうなると、マンションや一戸建てなどの住宅の建設が増え、不動産市場が活発になり、住宅の供給がかなり多くなることが予想されます。
つまり、住宅を売りたい人の方が買いたい人よりかなり多くなってしまうので、住宅価格がこれからは下落してしまうのです。
このように、市場の原理でも住宅価格は下落してしまうのです。
そのため、不動産を購入するときはこういた情報収集を怠らないようにしましょう。


□まとめ
今回は一戸建てとマンションの価格についてご紹介しました。
一戸建てよりもマンションの方がコストが高いことがわかっていただけたと思います。
岡崎市で一戸建てもしくはマンションを買う予定の方は、この記事を参考に、どちらを買うかを考えてみてはいかがでしょうか。

投稿日:2020/04/25   投稿者:-

岡崎市で一戸建ての購入をお考えの方がいらっしゃるのではないでしょうか?
購入する際は、前に住んでいた住居の清掃をする必要があるかもしれません。
そんなとき、ハウスクリーニングを利用すれば手間がかからないでしょう。
そこで、今回はハウスクリーニングの費用とその業者選びのポイントについて紹介します。


□クリーニングの料金相場はどうなっているのか?

ハウスクリーニングには設備や部屋ごとに行うやり方と、家全体をクリーニングするやり方の2通りがあります。
まずは設備ごとの料金相場をご紹介します。
ハウスクリーニングできる設備はキッチンやお風呂などの水回り、エアコンや換気扇などの空調機器がメインになるでしょう。

キッチンと換気扇の相場は約1万3千円から1万8千円となっています。
お風呂は約1万3千円から1万7千円でしょう。
エアコンにお掃除機能が付いていない場合は約1万円から1万2千円、付いている場合は約1万6千円から2万千円です。

次は、家全体を掃除する場合の料金相場です。
家全体をクリーニングする場合は部屋の間取りによって価格が変化します。
2LDKの場合は約6万5千円から10万円になるでしょう。
3LDKの場合は約8万円から11万、4LDKでは約8万5千円から12万円でしょう。


□ハウスクリーニング業者を選ぶ際の注意点を紹介

ハウスクリーニングを選ぶ際は何を基準に業者を選べばいいかわからない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、そんな方に向けて目的に合った業者選びのポイントを紹介したいと思います。

*相場より安い業者には注意が必要

業者を選ぶ際、ほとんどの方がその価格を基準にして決めるかと思います。
しかし、中には相場よりも低い値段で広告を出している業者もあります。
そのような企業では実際に見積もりをしてから料金を上乗せすることもあるかもしれません。
そのため、クリーニングの相場を理解した上で、見積もり前に加算を行うかを質問するのがおすすめです。

クリーニングの相場に関しては上記で紹介した料金を参考にしてみてください。
また、基本料金が安いと、些細なことでもオプションとして料金に上乗せしてくるかもしれません。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、事前に基本料金の範囲をしっかりと確認しておきましょう。

*作業員にも気をつける

ハウスクリーニングでは、見知らぬ人が家に入ってクリーニングを行います。
ほとんどの業者ではクリーニング担当の作業員を広告として公表しています。
しかし、中には雇い始めて間もないアルバイトがいるかもしれません。

そうなると、クリーニングの仕上がりを悪くなってしまうでしょう。
そのため、業者を選ぶ際は、公表されている作業員の詳細を確認したり、見積もりで作業員について尋ねたりするのがおすすめです。

*大手や個人経営など会社の規模だけ判断しない

判断材料の1つとして会社の規模で判断する場合もあるでしょう。
大手の業者は知名度があり、信頼度や実績が高く感じてしまうかもしれません。
しかし、作業の内容は基本的には変わらないので、会社の規模はあまり関係がないのがほとんどです。

また、会社の規模が小さくてもサービスが充実していたり、柔軟に対応したりするところもあります。
そのため、会社の規模だけで決めるのではなく、従業員の対応の仕方など少し引いた目線で判断すると良いでしょう。

*損害保険加入しているかはしっかり確認

ハウスクリーニングではクリーニング時に傷や汚れがついた場合に備えて損害保険に加入しています。
しかし、業者によってはこの保険に加入していない場合があるかもしれません。
そのため、資料をしっかり確認したり、問い合わせの際に加入の有無を確認したりするなどの対策をしておくことがおすすめです。


□まとめ

今回はハウスクリーニングの費用とその業者選びのポイントについて紹介しました。
業者を選ぶ際は料金や会社の規模だけでなく、対応の仕方や作業員の経歴など人柄も見て判断するのがおすすめです。
ハウスクリーニングでお困りの方は、この記事を参考にしてはいかかでしょうか?

投稿日:2020/04/21   投稿者:-

「一戸建ての住宅の購入を検討しているけれど、色々トラブルがありそうで怖い…」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに、住所を購入するとなると様々なトラブルなどが頭をよぎって少し不安になりますよね。
そこで、そのような方のために今回は一戸建てにおけるトラブルについてご紹介します。

□一戸建てにおける近隣トラブル

よくあるのが近隣トラブルです。
特に一戸建てだと引っ越しが難しいので近隣トラブルは避けたいですよね?
以下でよくある近隣トラブルについてご紹介します。

*騒音トラブル
近隣トラブルの代表例がこの騒音です。
ピアノがうるさかったり、休みの日にバーベキューをしていたりすると、お隣さんから苦情がきて、これがきっかけでトラブルになることもあるそうです。
騒音トラブルを回避するためにはうるさくなる時にはお隣さんになるべく事前に報告するようにしましょう。
また、うるさくしてしまったときにはお詫びの品を持って謝りに行くことで対応できます。
このように、うるさくするときには報告、苦情が来てしまった時には素直に謝りに行くのが得策といえるでしょう。

*子どものトラブル
お子さんがいるご家庭で多いのがお子さん同士のトラブルです。
例えば、子どもだと加減がわからないので相手にけがをさせてしまうことも多いようです。
最初は仲良く遊んでいても、けがをして自分の子どもが家に帰ってくると不安になりますよね。
実際に上記のようなトラブルになった方は、相手の親にお話をしたうえで、直接相手の子どもに叱ることで対処すると良いでしょう。
そうすることで、相手のお子さんや親御さんにもだんだん理解してもらえるようになり、解決できるでしょう。
大変なケガをしてしまってからでは遅いので、子どものトラブルが起こった時には上記のような対応で事前に対処することをおすすめします。


□トラブルの避け方とは?
*トラブルを避けるためにすべきこと
トラブルを避けるためには、常日頃からご近所さんなどとコミュニティをとっておくことが大切です。
コミュニケーションをとることで相手がどんな人なのか把握できます。
そうすると、相手とどのようなトラブルがお越しりそうか予測もできますし、いざという時に助けてくれるかもしれません。
また、防犯上も安心できますし、一緒に遊ぶことも可能です。
しかし、コミュニケーションをとりすぎてしまうと、相手が不快に思うこともあります。
そのため、コミュニケーションは適度にとり、たまに「ご迷惑をお掛けしていることはありませんか?」と気を配ることも大切です。

*トラブルが起きてしまったとき
どれだけ注意してもトラブルが起きてしまうことがあります。
その時には自分の友達や親戚などに相談するようにしましょう。
できるかぎり、気持ちよくトラブルを解決しないと、一戸建てだと引っ越しもしにくいので後々大変になります。
そのため、自分だけで解決しようとせず、友達、親戚、町内会の方などの手を求めることも時には大切です。
また、度を超えるようなトラブルに巻き込まれた際には警察に連絡するようにしましょう。
後から、大変なことになってからでは遅いです。
警察に相談して、近辺をパトロールしてもらうなどの対処をしてもらってください。
それでも、しんどいときには家を売却して新しい土地へ踏み出すことを検討しましょう。
トラブルは基本的に起こさないことが重要なので、上記で紹介した内容を実践して回避してください。


□まとめ
今回は一戸建てにおけるトラブルについてご紹介しました。
トラブルはご近所トラブルが多く、なるべく回避することが重要だということがわかっていただけたのではないでしょうか?
岡崎市在住の方で、不動産購入を検討中の方はぜひ当社にお問い合わせ下さい。

投稿日:2020/04/17   投稿者:-

「不動産の購入を考えている」
「一戸建てとマンションどっちにするか迷っている」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに、一戸建てとマンションどちらにもいいところがあるので、どちらも捨てがたいですよね?
そこで、そのような方のために今回は一戸建てとマンションのメリットについてご紹介します。


□一戸建てのメリットとは?

*プライバシーが保ちやすい
マンションだとお隣さんとの距離が近く、廊下などですれ違うことも多いでしょう。
一戸建てはマンションと比較すると、建物自体の独立性が高く、となりの住宅の音や目を気にすることなく暮らせる環境です。
また、小さなお子さんがいるような方であれば、一戸建ての方がお子さんによる騒音も軽減できるでしょう。
マンションだとペットの管理に厳しく、ペット自体飼ってはいけないという規則のところもあります。
しかし、一戸建てだと管理規約が存在せずペットに関するルールがありません。
そのため、ペットを飼っている方、もしくは飼う予定のある方も安心して暮らせるでしょう。
プライバシーを気にする方やペットを飼う予定のある方は一戸建てを検討してみてはいかがでしょうか?

*庭や駐車のスペースを確保しやすい
庭のある家に憧れている方も多いと思います。
庭はマンションについているところもありますが、かなり限られています。
しかし、一戸建てだと簡単に設置できるので庭で、家庭菜園をしたり、お子さんの遊び場所にしたりできます。
また、駐車場のスペースを確保しやすいところもポイントとして挙げられます。
マンションだと駐車スペースが決まっており、ときには少し歩かないといけないこともあるでしょう。
しかし、一戸建ての場合には、家の玄関の前に駐車スペースを設置できるので、いちいち遠くまで歩く必要はありません。
そのため、庭を付けたい方や車を買う予定のある方は一戸建てがおすすめといえます。


□マンションのメリットとは?

*共用部の管理と防犯性
「家の周辺の掃除がとても面倒くさい…」
このように家の周辺の掃除って意外と手間がかかり、面倒くさいと感じる方がいらっしゃると思います。
しかし、マンションであれば、管理会社の方がエントランスや廊下などの共用部分を掃除してくれるため、自分で家の周辺を掃除する必要がありません。
さらに、最近では24時間いつでもゴミを出せるような物件も増えているそうです。
このように、マンションの利便性はかなり向上していると言えます。
また、エントランスが自動ロックになっているマンションも増えています。
そのため、不審者が簡単に侵入することを防ぐことができ、女性の方やお子さんがいる方でも安心です。
掃除をするのが苦手な方や防犯性が気になる方はマンションを検討してみてはいかがでしょうか?

*居住者のコミュニティと室内がフラット
マンションは一戸建てと比べると居住者同士の距離がかなり近いです。
そのため、居住者同士で仲良くなりやすく、コミュニティが形成されることもあります。
そうなると、お子さんがいる家族同士だとお子さん同士で仲良くなれるので遊び相手になってくれるでしょう。
また、マンションはほとんどの部屋が段差のないフラットな部屋です。
そのため、お年寄りの方でも室内での移動が楽になり、お年寄りにも優しい住宅といえるでしょう。
居住者同士で仲良くなりたい方やお年寄りの方はマンションを検討してみてはいかがでしょうか?

□まとめ
今回は一戸建てとマンションのメリットについてご紹介しました。
一戸建てとマンションでメリットが違い、人によってどちらが向いているかも異なることがわかっていただけたと思います。
岡崎市で後悔のない不動産購入をするためにもどちらがご自身にあっているか、考えてみてくださいね。

投稿日:2020/04/13   投稿者:-