岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

「中古住宅の選び方について詳しく知りたい。」
今回は、このようなお悩みについてご紹介しましょう。
中古住宅で後悔しないためにも、購入前に準備を行うことをおすすめしま
す。

 

□中古住宅で後悔しないためのポイントとは

中古住宅には、チェックポイントがたくさんあります。

1点目は、「耐震性」です。
中古住宅の築年数は、幅広いと言われています。
しかし、日本では地震がとても多い国のため、耐震性が弱い住宅を安易に選ぶことはあまりおすすめできません。
そのため、中古住宅の選び方で「耐震性」は重要な要素と言えるでしょう。

例えば、1981年6月1日以降に建築されたか確認することをおすすめします。
なぜなら、この日から、法律で定められた新耐震基準が適用されたからです。
1981年6月1日を基準にして、建物の耐震性を考慮するからが重要です。

2点目は、「建物の構造」を綿密に業者に相談しましょう。
「壁式構造」は、戸建て住宅で多く採用されている建築用法です。
また、耐震性が高いものの、壁を撤去する大幅なリフォームは難しいと言われています。
そのため、リフォームをお考えのかたは「壁式構造」の中古住宅は不向きな点がわかるでしょう。

3点目は、「瑕疵担保責任」です。
「瑕疵」とは、一目でわからない欠陥を指しています。
購入後のトラブルの原因につながりやすいため、「瑕疵担保責任」が適用されました。

例えば、「購入後、瑕疵に気付いてから1年以内までに損害賠償」を請求できます。
また、重大な瑕疵が判明した場合は「契約の解除」を請求できます。
このように、住宅に関するルールや法律は、中古住宅を購入する前に確認することをおすすめでしょう。

 

□中古住宅と不動産業者の選び方とは

中古住宅の選び方を解説いたします。

1点目は、設備のチェックを入念に行うことです。
特に、トイレやバスルームなどの水回りを確認しましょう。
なぜなら、中古住宅の配管工事は値段が高くなる可能性があるからです。

また、電気の容量も確認しておきましょう。
中古住宅によっては、電気の容量が少ない種類も存在しています。
不動産物件の下見を行うときに、「水回り」と「電気」の2点の状態を見極めるようにしましょう。

2点目は、「土地」の調査を行うことです。
中古住宅が販売されている理由に「土地」のマイナス要素が含まれていることもあります。

例えば、土地付近で廃棄場の設置が決定した理由が挙げられるでしょう。
この点に気がつかなければ、中古住宅を後悔するリスクがあります。
そのため、「土地家屋調査士」に依頼する方法や、隣人に確認するなどの対策を行うことがとても重要です。

不動産、リフォーム業者の選び方について解説します。
ポイントは、大手不動産会社、あるいは地域密着型の不動産会社の2パターンで業者を見極めるようにしましょう。
大手不動産会社は、実績がとても多いものの、厳しい営業ノルマが原因で顧客への公平さが欠けるリスクがあるかもしれません。
地域密着型の不動産会社は、地域に関する情報をたくさん持っているものの、取扱物件数が少ない傾向があります。

このように、どちらの不動産会社にもメリットとデメリットがあります。
重要なことは、理想の中古住宅を実現するためにはどちらの不動産会社を選べば良いかをよく考えることでしょう。
後悔しない不動産会社の選び方は、1つではありません。
実績だけで安易に決めることはおすすめできません。

それゆえ、相性を考慮して業者に依頼することがおすすめですね。

 

□まとめ

今回は、中古住宅の選び方についてご紹介しました。
中古住宅を効率よく選んで、毎日の生活を楽しく過ごしてくださいね。
お困りの方は、岡崎市の当社までお気軽にご相談ください。

投稿日:2020/11/09   投稿者:-

中古住宅の購入をお考えの方で火災保険について気になっているという方はいらっしゃいませんか。
住宅に関する保険にはさまざまなものがあります。
その中でも火災保険は入っている方が多い保険の一つです。
火災保険に入るタイミングや保険料について紹介いたします。

 

□火災保険に入るタイミング

中古住宅を購入する際には火災保険に加入する方が多いです。
住宅を購入する際にはさまざまな手続きがあるため、きちんと把握しておかなければ加入し逃してしまう可能性もあります。
火災保険に入るタイミングをきちんと把握しておきましょう。

火災保険に入るタイミングは、中古住宅の購入方法によって異なります。
中古住宅の購入方法の分け方は2種類です。
それぞれについて解説いたします。

*中古住宅を住宅ローンで購入する

多くの方が住宅ローンを組んで中古住宅を購入するでしょう。
このような場合は、本審査が通り、融資が行われる際に火災保険に加入します。
ちなみに、住宅ローンを組む際には火災保険の加入は義務となっています。

火災保険料の納付時期は金融機関により異なりますが、加入の際に支払う場合や、融資実行の数日前まで猶予される場合があります。
どちらにせよ融資実行前の支払いになるため、購入費用とは別に現金で確保しておきましょう。
ちなみに住宅購入の際には、頭金や仲介手数料なども現金で払う必要があります。
全て支払いが滞りなく済むように、事前に計算しておきましょう。

 

*中古住宅を現金で購入する場合

中古住宅を購入する際には、住宅ローンを組む方が多い一方で現金で支払うという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合には、売買契約の1~2週間前から売買契約の直後までに支払うケースがほとんどです。

現金で中古住宅を購入する場合には、引き渡し日と同時に保険が適用されるように時期を調整し、火災保険に加入します。
現金購入の場合には火災保険の加入は義務ではなく任意なので、加入者自身での手続きが必要なため注意しましょう。

保険料はローンの時とは異なり、保険適用がされた1~2ヶ月後から引き落とされるのが一般的です。
現金購入の場合には、スムーズに取引を行うためには住宅会社と保険会社の連携が必要なので、早めに手続きを行いましょう。

 

□保険料の決まり方について

火災保険について調べている方の中には、保険料について一番気になっているという方も多いでしょう。
火災保険は保険会社によりさまざまなプランがあるため、悩んでいるという方も多いでしょう。
どのよう保険料が決まっているかを知れば、保険の選び方もわかるようになるため、保険料の決まり方について紹介いたします。

火災保険の保険料はいくつかの要素を考慮された上で決定します。
その要素とは、建物の構造、専有面積、所在地、補償内容、特約、保険期間、保険金額などです。
占有面積、補償内容、保険期間、保険金額に関してはイメージしやすいのではないでしょうか。
住宅の大きさや、補償の内容やその限度額、そしてその保険が適用される期間によって金額が変動します。

住宅はその構造により火災時の燃え広がり方が異なります。
例えば、コンクリート造や鉄骨造の住宅よりも、木造の住宅の方が燃えやすいというのはイメージできるのではないでしょうか。
このような理由から構造により保険料が変動します。

所在地で保険料が変わることは知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、例えば台風がよく来る地域とそうでない地域とでは、そのリスクに差があるため保険料にも差が生まれるでしょう。
このように、地域差でも保険料が異なるのです。

特約とは、通常の補償内容に加えて、拡大して補償される内容を追加できるもののことを指します。
これにより保証範囲は拡大するので、保険料も拡大します。

 

□まとめ

今回は、火災保険について解説いたしました。
日本は災害の多い国なので、必ず火災保険に加入しましょう。

投稿日:2020/11/07   投稿者:-

一戸建ての玄関をおしゃれにしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
玄関は住宅の顔ともいえる場所で、玄関が家の印象を左右します。
また、外出した時や帰宅した時に、玄関がおしゃれだと心も落ち着くでしょう。
そこで今回は、おしゃれな玄関について岡崎市の業者が紹介します。

□玄関デザインをおしゃれにする例
おしゃれは人により千差万別ですが、コンセプトがしっかりしていて、統一感のある玄関はどれもおしゃれだといえるでしょう。
では具体的には、どのような玄関がおしゃれなのでしょうか。
まずは、オープンな靴シェルフのある玄関について紹介します。
一般的に靴は開閉式の靴箱に収納します。
しかし、棚を壁に取り付けたオープンな靴シェルフをとりつけると、一気におしゃれになるでしょう。
このアイデアメリットは靴箱の扉がない分、圧迫感が抑えられ、開放感があるという点です。
また、扉の開閉がないため、利用者としても使いやすい玄関でしょう。
次に、吹き抜けがある玄関について紹介します。
吹き抜けとは、一階と二階がつながっている場所のことを指します。
このアイデアは、玄関の目の前に階段がある場合に採用できます。
吹き抜けを作ると明るさと開放感がもたらされるため、明るい玄関にしたいという方には魅力的でしょう。
吹き抜けという構造上によって明るい玄関が期待できます。
そのため、床材や壁材、インテリアも白や木目の明るい素材を採用すると、統一感も増してますますおしゃれな玄関になるでしょう。

□玄関ポーチをおしゃれにする例
玄関には家の中の靴を脱ぐスペースと、家の外のスペースがあります。
玄関ポーチとはこの家の外の部分を指します。
おしゃれな玄関を作る際には、この玄関ポーチにも気をつけなければいけません。
やはり玄関ポーチにおいても、コンセプトが定まっていて統一感のあるものがおしゃれです。
おしゃれな玄関ポーチを作る例について紹介します。
まずは自然素材をうまく利用した玄関ポーチについて紹介します。
近年では自然素材の人気が高まりを見せていて、おしゃれな住宅といえば自然素材とイメージする方も多いでしょう。
玄関ポーチは外にあるからこそ、自然と玄関ポーチをうまく融合させておしゃれな玄関が作れます。
玄関ポーチでは、石や木材を用いたデザインが考えられるでしょう。
玄関ポーチには階段部分と庇部分がありますが、階段部分は石畳から石の階段を作り、庇は木材を用いて作ることで、おしゃれな自然素材の玄関ポーチが実現できます。
次に、モダンな玄関ポーチについて紹介します。
近年でもモダンなデザインに憧れのある方は多いでしょう。
玄関ポーチは外から見た際に最初に目につくポイントなので、モダンな住宅を作るには玄関ポーチからモダンにする必要があるでしょう。
モダンな玄関ポーチを作るには、直線的で無機質なデザインを心がけるといいでしょう。
木や石ではなく、金属を用いるとよりモダンにしやすいです。
目隠しを作って玄関ポーチをおしゃれにするという方法もあります。
玄関ポーチに柱を複数本設置すれば、目隠しも兼ねたデザイン性の高い玄関ポーチが実現できます。
もちろんこのデザインのメリットは玄関を開けても、家の中が丸見えにならないという点でしょう。
また、子供が突然飛び出すこともなく、安全性にも配慮できる玄関ポーチともいえるでしょう。

□まとめ
今回は、おしゃれな玄関の例についてお話しました。
おしゃれな玄関を作るためのアイデアにはさまざまなものがありました。
住宅会社によっては、これ以外にもおしゃれな玄関についてのアイデアを持っている会社もあります。
ぜひ自分の中のおしゃれなイメージを固めて、それに近い玄関を探しましょう。

投稿日:2020/11/03   投稿者:-