岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

不動産購入をサポート

~不動産探しから引き渡しまでの主な流れや手続きについて~

ステップ1:家族の気持ちを再確認!~家族がひとつになる瞬間~

家族で将来のことをトコトン話し合いましょう。

「家を買う動機」とそこから出る「希望条件」は大切です!

これをしっかり固めないと、家探しをしていく過程で判断基準がずれていくからです!家探しに「迷い」はつきものですが、動機がハッキリしていれば、軸がぶれずに後悔しないマイホーム探しが可能です!

 

ステップ2:資金について考える

まずは正しい予算を決める事が大事です。正しい予算の決め方のポイントは「仲介手数料」と「諸経費」と「月々の返済可能額」!借入れ可能額と返済可能額は違います。

パティーナでは一人ひとりにあった資金計画のお手伝いサービスも行っております!本当にこの物件・この金額で後悔しないと思ってから手続きを進めてください。

 

ステップ3:不動産会社選びのコツを知る

同じ物件を扱っているならお客様目線の不動産会社がいいに決まってます!

希望の物件が見つかり、どこの不動産会社からも買えるのであれば、お客様の立場に立った不動産会社から自分のペースで探した方が良いでしょう。「パートナー選び」が住宅購入において重要な事です。

ぜひ信頼のおける不動産会社を見つけて下さいね。

 

ステップ4:物件選びのコツを知る

「相場感」の習得と購入動機を忘れないこと!多くの人は自分の予算帯の家ばかりを見ます。しかしそれでは相場感が見えてきません。つまり、「この家はこうだから高い」「この物件はこの質が低いから安い」といった物件価格の理由です。

これが見えてくると、物件の良し悪しの判断がしやすくなります。相場感が習得できれば、希望予算帯の物件に絞り込んでいきましょう。

 

ステップ5:ローン事前審査をしよう

事前審査はもちろん、本審査の前段階のものです。
ですから一旦事前審査を申込み、借入可能額や月々の返済額を明らかにしておけば、一つの目安ができます。これを元に、今の家賃と比較しながら物件価格を見直すことも可能になり、より現実的な資金計画を組むことができます。

せっかく希望の物件が見つかったのに、書類を用意している間に他の人に買われてしまった!なんてことにならないように、早めに済ませておくことをおすすめします。

 

ステップ6:購入申込みをする

購入の申込とは、お客様が「この物件を私が買います」と売主に伝えることです。
あくまでも「予約」の扱いですので、最終的な成約とは異なります。
購入申込後に物件調査をして予期せぬトラブルや価格交渉がうまくいかなかった場合等はキャンセルできます。

購入申込みには基本的にお金は必要ありません。当たり前のように申込金を要求してくる不動産会社がありますが、応じる必要はありません。「せっかく払ったのだから契約しようかな…」を狙っているだけです。

 

ステップ7:いよいよ契約を交わす

次に契約の際のチェックポイントです。
これは前述の不動産売買契約の際にも大切となるポイントになります。
契約の段階までも細心の注意を払い、夢のマイホームのスタートラインに立ちましょう。

 

ステップ8:決済・お引渡し

~家族の思いがひとつになる日~

決済業務が終われば、いよいよお引渡しです。
お引渡しの前に「現場立会い」を行います。現場立会いとは最後のチェックのこと。
(新築であれば)完成状況の確認をし、入居後のトラブルを防ぐためには家族全員でしっかりと行っておきましょう!隅々までチェックし、不具合が無いか確認してください。

岡崎市で新築の購入をお考えの方へ!子供部屋について解説します!

岡崎市で「住宅を建てる際子供部屋はどうしよう」とお思いの方はいらっしゃいませんか。

「子供が小さいから子供部屋についてまだ考えていない」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、子供部屋は必要だと考えられます。

そこで、今回は子供部屋に必要な広さやポイントについてご紹介いたします。

□子供部屋はどの年齢からどのくらいの広さで必要なのか

物件を選ぶ際に子供部屋でお悩みになる方も多いかもしれません。

「子供部屋はいつから必要なのかわからない」という方に向けて、子供部屋はいつからどのくらいの広さで用意するべきかについてご紹介いたします。

子供部屋をいつから使い始めるかは家庭によって異なりますが、小学校入学のときが多いでしょう。

学習机を買うタイミングになるため、そこから子供部屋を整え、使い始めるという流れです。

広さの目安としては、5畳以上あると良いでしょう。

小学生から中学生になるにつれて、趣味や持ち物が多くなるため広いに越したことはありません。

また、ベッドや机、本棚など日常で使うものの置き場所を考慮すると6畳以上が理想となるでしょう。

□子供部屋をつくる際のポイントについて

では、使い勝手の良い子供部屋をつくる際にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

まずは、子供部屋の目的を決めましょう。

子供部屋は勉強する時、睡眠時、1人になりたい時などに使う場所です。

しかし、勉強をリビングで行うことを推奨し、寝る場所として子供部屋を活用したいというご家庭もあるのではないでしょうか。

そのため、ご家庭内で子供部屋をどのような目的で使用するかの検討をします。

そして、その目的に合わせて学習机やベッドの配置などを考えましょう。

配置する物が決まることで、子供部屋にどのくらいの空間が必要かがわかります。

また、子供部屋の動線を決める際は、サイズの大きなベッドの位置から決めると良いでしょう。

その際に、ドアとぶつからないか、隣の部屋や外の騒音が気にならないかなどを考慮して配置します。

ベッドの位置が決まったら、エアコンの位置を決めましょう。

長時間生活する机やベッドなどの場所に直接風が当たらないようにエアコンを配置すると良いですね。

これらの位置が決まったら、机、本棚、収納などの順に配置をすることで、動線を考えた子供部屋が作れます。

子供がどのように動くのかを考えて、間取りを決めましょう。

また、子供部屋では大きすぎる窓は外から見える危険性があるため、防犯上危険です。

ロールスクリーンやカーテンなどを使って、外から見えない工夫をすることも大切です。

思春期になると、家族と離れてプライベートな空間を欲しがる子供も多くなります。

子供部屋があっても、壁1枚を隔てているだけではお互いの生活音が気になってしまうかもしれません。

対策として、子供部屋と他の部屋の間に緩衝エリアがあるとプライベートを守れるでしょう。

例を挙げると、共有スペースやウォークインクローゼットが緩衝エリアとして使えます。

お互いのプライバシーのためにも、緩衝エリアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、子供が独立した後など、いなくなった後の部屋の役割も考えておきましょう。

子供部屋に物を必要以上に置いてしまうと、処分に困ってしまうこともあります。

また、仕切りが取り外せなくて邪魔になってしまうというトラブルがあるかもしれません。

子供がいなくなった後、書斎にするもしくは趣味の部屋にするなど活用方法を考えておくと良いですね。

□まとめ

今回は、子供部屋についてご紹介いたしました。

住宅を選ぶ際には子供部屋の有無や役割は大切なポイントです。

子供部屋をうまく活用し、過ごしやすい家を作りましょう。

子供部屋やその他住宅のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/01/09   投稿者:-