岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

不動産購入をサポート

~不動産探しから引き渡しまでの主な流れや手続きについて~

ステップ1:家族の気持ちを再確認!~家族がひとつになる瞬間~

家族で将来のことをトコトン話し合いましょう。

「家を買う動機」とそこから出る「希望条件」は大切です!

これをしっかり固めないと、家探しをしていく過程で判断基準がずれていくからです!家探しに「迷い」はつきものですが、動機がハッキリしていれば、軸がぶれずに後悔しないマイホーム探しが可能です!

 

ステップ2:資金について考える

まずは正しい予算を決める事が大事です。正しい予算の決め方のポイントは「仲介手数料」と「諸経費」と「月々の返済可能額」!借入れ可能額と返済可能額は違います。

パティーナでは一人ひとりにあった資金計画のお手伝いサービスも行っております!本当にこの物件・この金額で後悔しないと思ってから手続きを進めてください。

 

ステップ3:不動産会社選びのコツを知る

同じ物件を扱っているならお客様目線の不動産会社がいいに決まってます!

希望の物件が見つかり、どこの不動産会社からも買えるのであれば、お客様の立場に立った不動産会社から自分のペースで探した方が良いでしょう。「パートナー選び」が住宅購入において重要な事です。

ぜひ信頼のおける不動産会社を見つけて下さいね。

 

ステップ4:物件選びのコツを知る

「相場感」の習得と購入動機を忘れないこと!多くの人は自分の予算帯の家ばかりを見ます。しかしそれでは相場感が見えてきません。つまり、「この家はこうだから高い」「この物件はこの質が低いから安い」といった物件価格の理由です。

これが見えてくると、物件の良し悪しの判断がしやすくなります。相場感が習得できれば、希望予算帯の物件に絞り込んでいきましょう。

 

ステップ5:ローン事前審査をしよう

事前審査はもちろん、本審査の前段階のものです。
ですから一旦事前審査を申込み、借入可能額や月々の返済額を明らかにしておけば、一つの目安ができます。これを元に、今の家賃と比較しながら物件価格を見直すことも可能になり、より現実的な資金計画を組むことができます。

せっかく希望の物件が見つかったのに、書類を用意している間に他の人に買われてしまった!なんてことにならないように、早めに済ませておくことをおすすめします。

 

ステップ6:購入申込みをする

購入の申込とは、お客様が「この物件を私が買います」と売主に伝えることです。
あくまでも「予約」の扱いですので、最終的な成約とは異なります。
購入申込後に物件調査をして予期せぬトラブルや価格交渉がうまくいかなかった場合等はキャンセルできます。

購入申込みには基本的にお金は必要ありません。当たり前のように申込金を要求してくる不動産会社がありますが、応じる必要はありません。「せっかく払ったのだから契約しようかな…」を狙っているだけです。

 

ステップ7:いよいよ契約を交わす

次に契約の際のチェックポイントです。
これは前述の不動産売買契約の際にも大切となるポイントになります。
契約の段階までも細心の注意を払い、夢のマイホームのスタートラインに立ちましょう。

 

ステップ8:決済・お引渡し

~家族の思いがひとつになる日~

決済業務が終われば、いよいよお引渡しです。
お引渡しの前に「現場立会い」を行います。現場立会いとは最後のチェックのこと。
(新築であれば)完成状況の確認をし、入居後のトラブルを防ぐためには家族全員でしっかりと行っておきましょう!隅々までチェックし、不具合が無いか確認してください。

岡崎市で新築をお考えの方に向けて!吹き抜け住宅とは

岡崎市で新築の吹き抜け住宅をお考えの方はいませんか。
吹き抜け住宅は、開放感があるなどたくさんのメリットがありますよね。

ただ、吹き抜け住宅にすることでのデメリットもあります。
それらを知っていただき吹き抜け住宅をご検討ください。
今回は、吹き抜け住宅についてとのリット・デメリットについて解説します。

□吹き抜け住宅とは

吹き抜け住宅とは、1階と2階もしくはそれ以上の階の間に天井や床などの仕切りが無く1階から最上階までがつながっているような住宅のことです。
つながっているので、高さに対して窮屈に感じにくい点が人気となっています。
また、デザイン性も評価されており、リビング階段とともに人気の間取りの一つです。

□吹き抜けのメリットとは

吹き抜けには様々なメリットがあります。
まず、自然光が全体に入ることが挙げられます。
吹き抜けを設置すると、天井のない広々とした空間ができるため、自然の光を家の中に取り込みやすくなります。

自然の柔らかい光を暮らしの中に取り入れられるため、リラックスできる空間を演出できるでしょう。
また、他の住宅より採光しやすいため、電気をつける頻度も少なくなる効果もあるため、電気代の節約に繋がるといったメリットも挙げられます。


次に、家族や家に招いた友達と会話がしやすい住宅が作れることが挙げられます。
一般的に吹き抜けのある家は、階をまたいで1つの空間を作るため、生活音や声が通りやすい家が作れます。
家事や料理をしながら家族の様子を知りたい方や、部屋や階をまたいだコミュニケーションを取りたい方におすすめだと言えるでしょう。

例えば、他の階にある子供部屋で過ごしている子供に声をかけたい場合に、わざわざ階段を移動しなくても声を届けられる間取りを実現できます。

□吹き抜け住宅のデメリットとは

次は吹き抜けのデメリットを見ていきましょう。

まず、2階のスペースが狭くなるというポイントが挙げられます。
吹き抜けを作ると、天井をなくして縦に空間を広げることになります。
そのため、2階に関しては部屋数を減らしたり、狭くしたりする必要があるでしょう。

次に、音や匂いが伝わりやすいデメリットがあります。
先ほど、吹き抜けを設置すると、家族間でのコミュニケーションがとりやすくなるメリットを紹介しました。
しかしこれは、場合によっては匂いや音が伝わりやすくなるデメリットにもなりうるでしょう。
2階で落ち着いて読書をしているときに、1階の家族のしゃべり声や生活音が聞こえてくるなど開放感がデメリットとして働いてしまうこともあるのです。

また、掃除が大変だというデメリットもあります。
特に窓掃除、高い場所にある外側の窓の場合は、いくら身長が高くても届かないという場合が多くあります。
そのため、ほこりやクモの巣がたまりやすく、吹き抜けの高い場所に汚れがたまってしまうのです。

これを解決するには、自ら脚立などで足場を作成するか、専門業者に依頼するのが良いでしょう。
ただ、自ら脚立などで足場を作成し、掃除を行うのは危険が伴いますので、十分注意して進めてください。

さらに、吹き抜け住宅はメンテナンスが大変だというデメリットもあります。
これもまた、高い場所での話になりますが、照明が切れてしまった場合、これもまた専門業者に依頼する必要があるのです。

□まとめ

今回は、岡崎市で新築をお考えの方に向けて、吹き抜け住宅についてとメリット・デメリットについて解説しました。
吹き抜け住宅の良い点・悪い点ともにご理解いただけましたでしょうか。
当社では不動産購入に関するご相談を随時受け付けております。
不動産購入に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問合せください。

投稿日:2020/10/07   投稿者:-