岡崎市周辺の不動産をお探しならパティーナ株式会社にお任せ下さい。

パティーナ株式会社

営業時間9:00~20:00定休日毎週水曜日

日記

DIARY

「住宅や土地などの不動産購入を検討しているが、どのような流れで進んでいくのだろうか」
このようにお悩みの方は多くいらっしゃいます。
不動産を購入する際の流れが分からなければ、どうしても不安を感じてしまいますよね。
そこで今回は、不動産を買う際の流れについてご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□不動産を買う際の流れ

不動産を購入する際は情報を整理することから始まります。
希望のエリアや条件、どの程度の価格帯のものを求めているのかといったことを考えることから始めましょう。
不動産会社で物件を探してみてから希望が固まってくることもあるため、事前に考えるのが難しい際はお気軽にお問い合わせください。

実際に購入したいという土地や物件が見つかったら、見学してみましょう。
何度も見学を繰り返すことで、徐々にこだわりポイントも分かってくるはずです。
もし、納得いただける不動産が見つかりにくい場合は条件の幅を広げて探してみることをおすすめします。

候補がいくつか固まったら、どれを最終的に購入するかを決めていきます。
さまざまな不動産をもう一度確認し、自分自身の希望や優先順位が合致したものを選ぶようにしましょう。

本当に購入したい不動産が見つかれば、購入の申し込みを行いましょう。
これと同時にローンの手続きも進めておくことをおすすめします。
ローンの審査が通らなければその後の手続きには進めませんので、無理のない資金計画を立てておくことが重要になります。

ローンの準備が完了すれば、契約を結んでいきます。
ただ、契約の前に重要事項の説明書や契約書などをきちんと読み込んでおくことをおすすめします。
少しでも不安なことや分からないことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

全てご納得いただければ、売買契約を結びます。
売買契約が成立したら同時にローンの申し込みも正式に行いましょう。
本審査が完了し、承認されれば金融機関ともローン契約を結ぶことになります。

最後に、購入した不動産の最終チェックを行っていただき、問題が無ければ引き渡しが行われます。

以上が不動産を購入する際の大まかな流れになります。

 

□資金計画を立てる際の注意点

先ほどは不動産を購入する際の大まかな流れについてご紹介しました。
ここからは、購入する際に重要になる資金計画の注意点についてご紹介します。

まず、資金計画を立てる上では初期費用がどの程度必要になるかを確認しておくことが大切です。
一般的に、税金や各種手数料、手付金などの費用は、物件価格の3パーセントから10パーセントかかると言われています。

またこの費用に加えて、新生活を始める上で必要なものを買い揃えるための費用や引っ越し代などもかかるため注意が必要です。

そして、不動産会社を仲介して不動産を購入される場合は仲介手数料も必要になります。

不動産会社を介さずに物件を購入すれば、仲介手数料は必要ありません。
ただ、選択肢が限られてしまい、プロのアドバイスを受けられなくなってしまうというデメリットがあるため注意が必要です。

次に、中古物件の場合はリフォームの費用についても考えておく必要があります。
中古物件を安く購入し、リフォームするという選択肢を取った場合、リフォーム費用のことも考えておく必要があります。

リフォームの内容によっては税金が軽減されることもありますので、事前に調べておきましょう。

 

□まとめ

今回は不動産を買う際の流れについて詳しくご紹介しました。
不動産をスムーズに購入するためには、事前に流れを把握しておくことが重要になります。
そのため、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、当社では不動産購入に関するご相談を受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2021/09/17   投稿者:-

「中古物件を購入する際はどのようなことに気を付ければ良いのだろうか」
このようなお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
中古物件を購入する際は事前に知っておきたいことがあります。
そこで今回は中古物件を購入する際の注意点について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

 

□中古物件を探す際の注意点

物件を購入する前には物件を探す必要がありますよね。
その際の注意点についてご紹介します。

 

*物件探しは落ち着いて行う

まず、物件探しは焦らずに行うことが大切です。
中古物件は新築物件よりも安いことが多いですが、大きな買い物であることは変わりありません。
立地や間取りなどの条件を事前に整理しておき、慎重に物件を選ぶようにしましょう。

また、スケジュールにも余裕を持っておくことが重要です。
ローンの審査やその他の手続きなど、購入する物件がすぐに決まっても引き渡しがすぐに完了しないことがあります。
新生活をスタートさせるために購入するといったような期日がある場合は、なるべく早めに動き出しておくことをおすすめします。

 

*物件見学時に気を付けておきたいこと

最近の物件探しはインターネットだけで完結させることも可能ですが、ご自身の目で確認しておくことを強くおすすめします。
新築物件であれば住宅自体が新しいため、設備や内装の状態に問題があることは少ないです。
一方中古物件であれば、自分が想定していなかったような傷みや不備がある恐れがあります。
購入してからイメージと違ったというような後悔をしないようにするためにも必ず物件を見学しておきましょう。

以上が中古物件を探す際の注意点になります。

 

□中古物件を購入する際の注意点

先ほどは中古物件を探す際のポイントについてご紹介しました。
ここからは購入の際に重要になってくる注意点についてご紹介します。

1つ目の注意点は、費用の目安を事前に考えておくことが挙げられます。
中古物件を購入する際は、建物代以外にも仲介手数料や登記費用、ローンの手続きにかかる費用などさまざまな費用がかかってきます。
また中古物件では新築物件とは異なり、リフォームが必要になってくる場合もあります。
このように住宅を購入する際はさまざまな費用が必要になるため、事前に把握しておきましょう。

2つ目の注意点は契約前の重要事項説明をしっかりと確認しておくことです。
重要事項説明書には物件に関する重要な情報が記載されています。
特に、トラブルに関する責任や保証についての記載は確認不足があると後に問題に発展することが多いです。
後悔しないようにするためにも重要事項は契約前に必ずよく確認するようにしておきましょう。

3つ目の注意点は安全性です。
中古住宅を購入される際は建物の安全性を確認しておく必要があります。

また、建物だけでなく周辺環境についてもよく確認しておきましょう。
例えば、古い建物が数多く並び消防車や救急車が通りにくいような道路しかないような環境は安全性に優れているとは言えません。
このようなことは事前に確認しておくことが大切です。

4つ目はリフォームが可能かどうかを確認しておくことです。
中古物件の場合、何年か住んでいるとリフォームが必要になることがあります。
その際、ご自身が満足のいくようなリフォームができるような中古住宅を選ぶようにしましょう。
中古住宅の中にはリフォームが難しい物件もあるため注意が必要です。

以上が中古物件を購入する際の注意点になります。

 

□まとめ

今回は中古物件を購入する際の注意点について詳しく解説しました。
新築物件とは異なり、中古物件は購入する際には注意が必要になることがあります。
当社ではお客様の物件選びを全力でサポートさせていただきます。
中古物件でお悩みの際はぜひお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/09/13   投稿者:-

「住宅の購入を検討しているが、中古戸建てにはどのようなメリットがあるのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃいます。
中古戸建てには新築にはないメリットがいくつかあります。
そこで今回は住宅の購入を検討されている方に向けて、中古戸建てのメリットについて詳しくご紹介します。

 

□中古戸建てのメリット

中古住宅の最大のメリットはやはり新築に比べて価格が安いことが挙げられます。
同じ予算の中から選ぶのであれば、新築物件よりも中古物件の方が立地の条件が良かったり、居住面積の広かったりすることも多いです。
実際生活をしていく上では、建物の新しさよりもそういった条件の方が重要になってくることが多いです。
そのため、建物にこだわらないという方には最適の選択肢と言えるかもしれません。

また、安く購入した分、リフォームやリノベーションをして中古住宅を新築同様の建物にされる方も多くいらっしゃいます。
こちらも注文住宅を建てるよりは費用を抑えられることが多いのでおすすめです。

そして、戸建てであればマンションに比べてリノベーションの自由度も高まります。
中古戸建てであれば、新築戸建てよりも2割から5割程度価格が安くなると言われています。
一般的に木造の戸建て住宅は築20年が過ぎてしまうと価値が大きく下がってしまうからです。
そのため、このような中古戸建てを安く購入してリノベーションをし、新築同様の住宅に住まれる方が近年増加しています。

そして、空き家対策により中古住宅が購入しやすくなっていることも、中古住宅購入が進んでいる理由として考えられます。
現在では人の住んでいない空き家が増加しており、社会問題となっています。

そのような空き家を無くすため、政府は固定資産税を増額して物件を手放すことをすすめています。
それゆえに、多くの中古物件が市場に出回っているため選択肢も増えています。

これらのことは中古戸建てを購入する大きなメリットと言えるでしょう。

 

□中古住宅を探す際のポイント

先ほどは中古戸建てを購入するメリットについて詳しくご紹介しました。
ここからは、中古住宅を探す際のポイントについてご紹介します。

まず、エリアの情報収集をしっかりとしておくことが挙げられます。
中古住宅のエリアを絞っていく際は、立地条件や物件価格が重要になってきます。
その際は、インターネットで調べたり、当社のような不動産会社にご相談いただいたりされることをおすすめします。

また、実際に足を運んでみて、周辺にある施設や建物の外観などを確かめておくことも重要になります。
通学や通勤のルート、日々の買い物で通ることになりそうなルートを確認しておくことで、住み始めてからのギャップが少なくなります。

次に、築年数を確認しておくことが挙げられます。
築年数が古い家である場合、購入後のリフォームや修繕を頭に入れながら物件を購入する必要があります。

特に、築20年以上の中古物件である場合は、住宅の耐震性や耐久性に不具合があるかどうかを調査されることをおすすめします。

最後に、増改築ができるかどうかを確かめておくことが挙げられます。
特に、都市計画道路の予定地や高圧線下にある土地、防火地域に指定されている土地などは増改築が制限されている場合があります。
中古物件を購入してから増改築することを予定されている場合は、これらに該当しないか確かめておきましょう。

以上が中古物件を探す際のポイントになります。

 

□まとめ

今回は中古戸建てのメリットについてご紹介しました。
新築住宅もメリットがありますが、中古戸建てにもメリットがたくさんあります。
住宅の購入を検討されている際は、ぜひ選択肢の1つとして考えてみてくださいね。
当社では中古住宅に関するご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

投稿日:2021/09/09   投稿者:-

「新築の購入にはどのような登記費用が必要なのか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
また、登記の必要性が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、登記の必要性について、また、費用の相場や登記の種類について解説します。

ぜひ参考にしてください。

 

□登記の必要性について

皆さんは、なぜ登記が必要なのかについてご存じですか。
なんとなく必要であるものとは分かっていても、それがなぜなのかについてまで理解している方は少ないのではないでしょうか。

必要性が分からないままだとモチベーションも上がりませんよね。
そこでまずは、必要性について解説します。
また、登記への理解をより深めるため、そもそも不動産登記とは何なのかについても解説します。

 

*なぜ登記が必要なのかについて

登記は大きく2つに分かれます。
1つ目は権利部、2つ目は表題部です。

権利部は、誰が持ち主なのかを表すものです。
表題部は、不動産の物理的な状態を表すものです。
例えば、種類や面積などです。

権利部は更新せず放置していても法律で罰せられることはありません。
しかし、だからといって怠ってしまうと、元々の持ち主が所有したままという状態です。
そのため、万が一トラブルが起きた際に権利を主張できません。

これは思わぬトラブルにも繋がることです。
そのため、自分の権利を明確にするために登記を行う必要があるのです。

 

*不動産登記とは何なのかについて

登記は、誰が不動産を所有しているのか、また、不動産の状態はどうなっているのかについて明確にしたものです。
明確にしておくことで、権利を主張できますし、トラブルを未然に防げます。

以上が、必要性と言葉の意味についてでした。

 

□費用の相場について

ここまで、登記の必要性や、そもそもの意味についてご紹介しました。
登記への理解が深まったのではないでしょうか。

そこで続いては、皆さんも気になるポイントであろう費用の相場についてご紹介します。
また、必要となる登記の種類についてもご紹介します。

こちらも併せてチェックし、登記への理解をより深めてください。

相場は合計30万円ほどです。
費用は大きく2つに分けられます。

1つ目は登録免許税、2つ目は報酬です。
これらを合算して算出します。

1つ目は、建物や土地の評価額に税率をかけて計算したものです。
2つ目は、土地の調査士や司法書士へ支払う実費のことです。

もちろん相場より低い場合や高い場合もありますので、あくまで参考としてイメージしておいてください。

どれくらいの費用が必要なのかを考える際の目安にしていただければと思います。

続いて、登記の種類について解説します。

1つ目は、建物表題登記です。
これは建物の基本情報を申請するもので、完成後1か月以内に手続きする必要があります。

2つ目は、抵当権設定登記です。
これはローンを借りた人と貸した人、そしてその費用を明確にするものです。

3つ目は、所有権移転登記です。
これは、売主から購入者へ権利を移転させるための登記です。

4つ目は、地目変更登記です。
これは、土地の地目が住宅地でない場合に必要な手続きです。

5つ目は、建物滅失登記です。
これは建物解体後1か月以内に申請する必要があります。

6つ目は、所有権保存登記です。
これは、建物や土地の所有者が誰なのかを明確にしたものです。

以上が、種類についてでした。

 

□まとめ

今回は、新築の購入を検討中の方に向けて、登記費用について解説しました。
登記の必要性や意味について、また種類や相場について、様々な情報を得られたのではないでしょうか。

今回の情報を参考にし、スムーズに登記を行えると良いですね。
ご不明な点がございましたらいつでも当社へご連絡ください。

投稿日:2021/09/06   投稿者:-

戸建てを購入しようと考えている方に知っていただきたいのが頭金の相場です。
相場を知って何の得があるのか分からないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし相場を知っておくことで悪い業者から騙されるのを避けられます。

今回は物件を購入する際の頭金について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□頭金とはどんなものか

まず頭金とはどんなものなのか解説します。
住宅購入はとても大きな買い物なので住宅ローンを借りる場合は多いです。
そして頭金とは住宅価格から住宅ローン借入額を引いた部分の金額の事を指します。
例えば住宅が3千万円で住宅ローンを2千万円借りていたとすると頭金は一千万円ということになります。

つまり頭金とは住宅ローンなどの資金援助を除いたご自身で払える貯金額の事を指します。

契約の際に払う手付金もこの頭金に入れるケースがあります。
手付金が全体金額の何割なのかは売主、買主、物件、不動産会社などの条件によって異なってきます。

次に頭金の相場を紹介します。
一戸建ての頭金としてどのくらいの金額が一般的に支払われているのでしょうか。

一般的には購入金額の1から2割を頭金として支払われています。
なぜ1から2割なのかと言うと、民間の金融機関のローン借入金額が物件価格の8から10割程度となっているためです。
十分に返済できると金融機関に信頼されれば借りられる割合が高くなってきます。

つまりほとんどの人が8から10割程度の借りられる精一杯まで住宅ローンを借りているため、頭金の相場が1から2割になっています。

ここで注意したいのが住宅ローンの借入額を少なくしようとして貯金を全て頭金に回すケースです。
不動産を購入する際には印紙税、不動産取得税、火災保険、引っ越し費用など100から200万円程度諸費用として必要になってきます。
そのためローンを減らしたいからといって貯金額を全て使ってしまうのは将来的に不安定になるのでやめておきましょう。

頭金について少しはお分かりいただけたでしょうか。

 

□頭金ゼロで物件は購入できるのか

住宅ローンを物件価格の10割借りられる場合に頭金なしで購入しようと考える方がいます。
しかし頭金なしで物件を購入すると以下のようなデメリットがあります。

一つ目は借入額が高くつくことです。
頭金が減れば減るほど住宅ローンで借りるお金が増えていきます。
そのため金利の負担が増え将来的に払うお金の大きさは頭金を支払った場合より大きくなります。
余裕がある際は頭金を支払っておくようにしましょう。

二つ目は住宅ローンの審査が通りにくい場合があることです。
頭金ゼロを前提に物件購入を進めていると、もし住宅ローンの審査が通らなかった時に大変なことになります。
8割程度貸してもらえることを前提に資金を準備しましょう。

三つ目は担保割れのリスクがあることです。
購入した物件を将来何らかの事情で売却することになった場合、物件で売却して得た利益でも住宅ローンを返しきれない場合があります。
この時に自分の貯金で住宅ローンを返しきれなかったら住宅は売るに売れません。
そのため未来のことも考えて頭金の額を決めるようにしましょう。

これらの理由により頭金ゼロで物件を買うことは将来的に危険なことがわかります。
貯金額を全て使う必要はありませんが余裕がある場合はできるだけ頭金を支払うようにしましょう。

 

□まとめ

住宅購入の際の頭金について解説しましたがいかがだったでしょうか。
物件購入はとても大きな買い物ですので、後悔しないようにしましょう。

この記事がお客様のスムーズな物件購入の手助けになれば幸いです。
またこの記事でご不明の点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。

投稿日:2021/09/02   投稿者:-