新築戸建て購入のための資金計画 | 岡崎市不動産ステーションのパティーナ | 岡崎市 不動産 新築戸建て 中古戸建て 中古マンション

パティーナ株式会社
総物件数6732017-10-24 11:23:05更新
0120-97-6668
  • 引越しの豆知識
  • 引越しの諸手続き一覧
  • 不動産用語
  • ローンシミュレーション
  • 査定
  • スタッフ日記
  • 新築戸建て購入のための資金計画

新築戸建て購入のための資金計画

新築戸建て購入では、先行きに不安のない資金計画を立てることが重要になります。長く続く住宅ローンの金利や返済年数において、少しでも損失を減らすために知っておいて損はないポイントをご紹介します。

資金計画は無理をしないのが大前提

資金計画は無理をしないのが大前提

資金計画を立てる場合、年齢や収入を含め現時点での生活状況を基におおよその返済シミュレーションをすることが可能です。

しかし、最初から家族の生活を極限まで切り詰めたシミュレーションでは、計画が破綻してしまうおそれもあります。

家族が毎日幸せに過ごすための新築戸建てを購入するからこそ、ある程度余裕を持った資金計画を立てましょう。

建売と注文ではローン契約が異なる

住宅ローンは、購入する住宅の形態によっても利用できる契約が異なってきます。「建売住宅」の場合は、比較的簡単にローンを組むことが可能です。通常は土地と建物を合わせて一括で購入することになりますので、ローン契約は1回で済みます。

一方で「注文住宅」の場合は、基本的にまず土地を準備する必要があるため、1回目は土地購入時のローンを、2回目は新築戸建てを購入するためのローンを組むのが一般的です。また、土地購入時のローン審査を通過するにあたって、マイホーム建設のプランや見積書の提示を求められる場合がありますので、建売住宅のローンに比べて手間がかかります。

ローン金利の種類とその特徴を知ることが大切

ローン金利の種類とその特徴を知ることが大切

新築戸建てを購入する際には、頭金を含めローン金利毎の特徴を事前に把握することが大切です。

フラット35に代表される「固定金利型」は、契約時の金利が変動することなく月々の返済額も変わりませんので、安定した返済プランを希望する人に向いています。

「変動金利型」は経済動向によって金利が変動し、半年毎に見直される上、返済額も5年をベースに変更されますので、ある程度返済に余裕がある人に向いています。

「固定金利期間選択型」は、借り入れから一定期間は金利が固定されているのですが、期間が終了した後には改めて金利を選び直すため、教育費などの負担があるご家庭向けになります。

愛知県内にて新築戸建て購入を検討している方は、ぜひ岡崎市にある当社をご利用ください。当社では、地域の皆様に気軽に利用していただける岡崎市不動産ステーションとして、数多くのおすすめ物件を扱っております。不動産の仕事は、単に戸建て、マンション、土地といった物件を紹介するだけではありません。物件購入後のお客様に満足していただくために、生涯を見据えた資金計画・ファイナンシャルプランのご提案を行っております。疑問に思う点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。